ニュージーランド1(入国審査)

勤続10年の慰労休暇を利用して、6泊8日で
ニュージーランドに行って来た。

1日目の夕刻、予定通り出発し、2日目の朝、
無事ニュージーランドのクライストチャーチ
国際空港に到着した。

まずは入国審査

窓口で呼ばれる直前に、手元の入国カードに
ふと目をやると、裏面に記入し忘れている。
慌ててその場で全てNoにチェックを記入し、
窓口へと進んだ。

入国審査を無事通過し、スーツケースを受け
取ると、次は税関と検疫検査だ。

ニュージーランドは、動植物や人、環境に影響
を及ぼし得る害虫や病原体の侵入を防ぐため、
入国の際には検疫が義務付けられている。

簡単に通過出来るものと思いきや、
X線検査を通過したところで、スーツケースを
開けるように言われた。
しぶしぶ言われた通りにすると、係の人の
渋い顔

どうやら、トレッキングシューズに付いている
がまずいらしい。

さらにまずいことに、入国カードの裏面には
「その他の危険物」の説明に、ご丁寧に、
(・・・ハイキング用の靴・・・を含む)
とある。

ついさっき、持ち込んでいないという意味の
Noにチェック済だ。

虚偽の申告ということで、係の人から、
その場でNZ$200の罰金、
最高NZ$100000の罰金が
科せられる場合があるなどと長々と説教。

最後に、
「今日のところは勘弁してあげる」
という有難いお言葉に神妙に頷き、やっと
開放された。

ニュージーランドの入国審査は厳しい。
[PR]
by miphoant | 2009-10-26 17:04 | Travel

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31