白馬スノーボード合宿5(ガスト)

2日目の夕食は、
白馬飯店で取ることにした。

17時30分開店なのに、
やる気満々過ぎて、
17時に到着してしまった。

30分の待ち時間の間に、買い出しに
向かおうとするも、激しい渋滞に巻き込まれ、
思うように進まないため、諦めて
白馬飯店の前で待機することに。

ところが、
17時30分になって、いざお店に入ると、
この日は予約で一杯だと断られてしまった。
30分前から待機していたのに。

仕方なく、第二候補として上がっていた
蕎麦酒房 膳へ向かった。
こうなったら、
お蕎麦やさんで一番脂っこいもの
(たぶん天麩羅そば)を頼んでやると、
訳の分からない意気込みで
お店に乗り込むと、なんと、ここでも
予約で一杯だと断られてしまった。

この時点で、白馬中のお店が全て
予約で埋まっているのでは
ないかという妄想に取り憑かれて
しまった私たちは、他のお店を当たって
断れた場合に受けるであろう相当な
ダメージを想像し、
もう傷つくのは嫌とばかりに、
一番の安全牌だと思われるガスト
選択することにした。

ガストに到着すると、
数組の待ちはあったものの、予約で
一杯だと断れることもなく(当たり前)、
しばらく車の中で待機した後、
席につくことが出来た。

豊富なメニューの中から、悩みに悩み、
骨付き鶏のとろとろ煮込みスープ鍋参鶏湯風と
特製本格辛口チゲ(半玉うどん入り)
季節のたっぷり温野菜サラダ
プレミアムカフェ(ドリンクバー)
を注文。

若干、
白馬飯店を引きずっている感はある。

注文した後も、しつこくメニューに食いつき、
あれもこれも美味しそうだとはしゃぐ私たち。
よっぽど食事にありつけたのが
嬉しかったらしい。
もちろん、
サーブされたお料理はどれもこれも
美味しかった。

ガスト、ありがとう。
このご恩は一生忘れません。


[PR]
by miphoant | 2011-02-20 20:59 | Sports

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30