屋久島旅行5(しゃくなげ登山)

今回の屋久島旅行の
メインイベントは、しゃくなげ登山。
屋久島観光協会が毎年5月に開催する
登山イベントだ。

この日は、ガイドさんの案内のもと、
淀川登山口から、淀川小屋 、高盤岳展望台、
小花之江河、花之江河、投石平、栗生岳を経て、
宮之浦岳山頂を目指す、
淀川ルートを登った。

朝から生憎の雨で、のっけから、
ガイドさんにも、この日は修行になると
言われて、登り始めた。




d0077811_2251836.jpg

最初は、屋久杉や、栂などの木々の中を、
歩いて行く。
足下がぬかるむので、一歩一歩、注意深く、
でも、遅れないように歩く。

淀川小屋までは40分程度。




d0077811_2124458.jpg

淀川を渡り、どんどん歩く。



d0077811_20485810.jpg

9時頃、日本最南端にある高層湿原、
小花之江河、花之江河に到着。
霧がかかって、幻想的な雰囲気を
醸し出している。

d0077811_205410100.jpg

道中は、山道、木道、岩場など変化が
あって、飽きることはない。
少ないけれど、ロープを使って登る
場所もあり、最初は恐る恐る登って
いた私も、慣れると、子供の頃の
アスレチックを思い出し、楽しんで
登ることが出来た。




d0077811_2130505.jpg

ただ、天候も見晴らしも一向に回復せず、
むしろ登るつれ、悪くなっているような。




d0077811_21591193.jpg

シャクナゲの花も、
時期が早かったのか、裏年と言われる
はずれ年だったのか、ぽつりぽつりと
しか見られない。




d0077811_2115684.jpg

11時頃、投石平へ到着。
この辺りからは、高々と茂っていた木々も
なくなり、緑に覆われた山肌に、ぽつり
ぽつりと奇石が顔を見せる、
不思議な景色が広がるようになった。



d0077811_2146278.jpg

そして、12時頃、ようやく宮之浦岳
山頂に辿り着いた。



d0077811_21581227.jpg

山頂からの眺めは、やっぱり真っ白。

雨の降りしきる中、岩と岩の間に
タープを張り、体の冷えと戦いながら、
お弁当をかき込み、
下りも同じルートで、16時30分頃下山。
本当に修行のような山登りだった。


[PR]
by miphoant | 2012-06-24 23:48 | Travel

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31