大賀ハス


d0077811_12361354.jpg


d0077811_12382675.jpg


d0077811_12393720.jpg


d0077811_1237347.jpg


d0077811_12422979.jpg


d0077811_12445280.jpg


d0077811_12452677.jpg


d0077811_12494771.jpg


d0077811_1250224.jpg


d0077811_12511782.jpg


d0077811_1252426.jpg


d0077811_1345840.jpg

昨日、早起きをして、
薬師池公園に行って来た。
お目当ては、大賀ハス



大賀ハス(オオガハス、おおがはす)は、1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハス(古代ハス)のこと。
(Wikipediaより)


ハスの花は、早朝に咲き、お昼には
閉じると聞き、張り切って、
開園時間の6時に到着。

その甲斐あって、
まだ堅く結んだままの蕾や、
綺麗に花開いた花、
シャワーヘッドのような花托、
ムンクの叫びのような種子、
朝露に濡れる葉など、
ハスの見せる様々な姿を鑑賞する
ことが出来た。

2000年以上も前のハスの実から
開花した花だと思って見ていると、
まだ生きているうちから、
成仏出来る気がして来る。


[PR]
by miphoant | 2012-08-17 13:57 | Flower

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31