3年目の正直

d0077811_18095511.jpg



3年前から、
ガーデニングの師匠の勧めで、
ベランダでの安納芋栽培に
チャレンジしている。

1年目。

横着して
家に余っていた観葉植物用の土に、
安納芋の苗をピットイン。

モリモリ育つ葉っぱを見て、
期待に胸膨らませていたけれど、
掘り返してみると、
そこにあったのは、根っこだけ。

師匠によると、
観葉植物用の土には
葉や茎を育てる窒素が多く
含まれているけれど、
芋のように地下茎を育てる場合は、
逆に窒素は低め、
リン酸や加里が高めの土が
適しているそう。

どうりでモリモリ葉っぱだけが
育つはずだ。葉っぱだけ。


2年目。
今度は芋用の土に、
安納芋の苗をピットイン。
今度は大丈夫だろうと思っていたら、
「切り離し」で大失敗。

正しくは、
「伸びた蔓を土に寝かすように埋め、
埋めた蔓が定着したら、株元から切り離す」
のだけれど、
何を思ったか、
「伸びた蔓を土に寝かすように埋め、
埋めたその直後に、株元から切り離す」
という痛恨のミスを犯してしまった。

もちろん切り離された蔓は無惨にも枯れ、
株元からまた蔓が再生してくれたものの、
収穫出来たのは、ごぼうのような安納芋。

そして3年めの今年。
これまでの失敗を糧に、
土選び、切り離しを行い、
水遣りも怠らず励んだところ、
ようやく芋らしい安納芋が収穫出来た。


d0077811_20104433.jpg



大きさはこのくらい。
小振りだけれど、私的には上出来だ。

3年の試行錯誤が実ったと思うと、
もったいなくて、食べられなさそうだ。

[PR]
by miphoant | 2015-10-26 20:25 | Gardening

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31