水やり当番結果

一昨日、一週間ぶりに我が家へ帰ってきた。

到着して一番最初に確認したのは、もちろん
愛しのバジルたち

プランターの方は、元気がなくしょんぼりして
いるものの、なんとか無事だった。

問題は、摘心した芽から挿し芽した一株の方。
葉は力なく萎れ、見るからに瀕死の状態
だった。

実は、こうなることは既に予想していた。

---------------------------------------------------------
出かける前の日の晩、「水やり当番」の実力を
試してみた。使用方法は、以下の通り。


d0077811_16191015.jpg


1.本体から緑色のキャップを外し、水の入った容器に本体と
給水ホースを浸し、「呼び水」を入れる(管を水で充たす)。

2.水の入った容器(ペットボトル・バケツなど)に給水ホース
を底まで垂らし、素焼き本体は鉢に差す。

3.毛細現象で素焼きから土に水が供給され、素焼きには
ホースを介して毛細管現象とサイフォンの原理で給水される。


ところが、家を出る直前に確認したところ、なんと
たった一晩でペットボトルの水が、半分以上も
なくなってしまっていたのだ。

これでは水やり当番失格だ。

恐らく、「呼び水」を入れる時間が短かったから
だろうと推測する。

とは言っても、出掛ける直前のこと。
代替方法を考える時間もなく、慌てて水を足し、
そのまま出掛けてしまった。
---------------------------------------------------------

そして一昨日帰宅。
もちろん、一週間も経てば、ペットボトルの水は
全てなくなっていたが、それでもなんとかバジル
が生存していた。驚きだ。

瀕死の状態のバジルに、たっぷりと水をやり、
無事を祈りながら(ウソ)一晩を過ごした。
そして、夜が明け、再びバジルの様子を確認。

まだぴんぴんとは言えないが、それでも少しずつ
元気を取り戻しつつあるのは見て取れた。

ごめんね、バジル。もう一人にしないよ。
元気になった暁には、やっぱり
食べちゃうんだけどね
[PR]
by miphoant | 2006-10-02 16:12 | Gardening

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31