姫睡蓮

d0077811_2215896.jpg
実家に帰ると、庭に見たことのない甕(かめ)が
置いてあった。
嘗て曾祖父母が住んでいた家の前に転がって
いたものらしい。



最近、母がこの甕の中で「姫睡蓮」を育てて
いるという。
睡蓮の花が咲くのは、4日間前後で、そのうち
美しく感じられるのは3日間程度だそうな。

d0077811_22202131.jpg私が実家に滞在するのは3泊4日。
せっかくだから、その姿をこの目とこのカメラに
納めてから、実家を後にしたい。
そう願うも、初日はまだ蕾がひっそりと水中に
身を潜めている状態だった。

ところが、3日目の午後。ふと睡蓮の様子が気
になった私が甕を覗くと、そこには水の中から
すっくと顔を出す2つの蕾が。
しかも徐々に蕾が開いていく様子が伺える。

大急ぎで父と母を呼び、親子3人で蕾を観察。
父と私は林家ペー&パー子の如く、
カメラのシャッターを切り、母は甕の前に椅子を
用意して腰を据える騒ぎ。

d0077811_2252266.jpg刻一刻、花弁が開いていく様子を、息を詰めて
見守ること1時間。
若干不細工ながらも、2つの蕾が花開いた。

滅多に見ることが出来ない姫睡蓮の花が1度に
2つも開いたことに甚く感動した母は、

「亡くなった2人の祖母が帰って来てくれた印」

涙声

d0077811_2293397.jpg
いつもなら、そんな母を笑い飛ばす私も、この時
ばかりは、母の言う通りかもしれないと涙目に。

奇しくもこの日は8月16日(送り盆)だった。
[PR]
by miphoant | 2007-08-22 22:15 | Others

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31