電故

私は満員電車が苦手だ。何が苦手かって、人々が
発するあのマイナスオーラだ。

一人が発する負の空気がさらなる負の空気を生み出し、
電車全体を包む。ともすると、私までつられて負の空気
を発してしまいそうになる。

今朝、最寄の駅に到着すると、駅のホームは人でごった
返していた。どうやら、事故で電車が遅れているらしい。

しばらくホームで待っていると、電車が到着した。電車の
中は大入り満員
電車のドアの開閉もままならないくらいだ。

当然、ホームで待つ人が乗り込む隙は一寸もない。
乗り込むどころか、降りる人さえ降りられない。

中では、降りる人が必死で降りますコールを叫んで
いた。
無情にもドアが閉まりかけたその時、ホームにいる何人
かが、閉まりかけたドアに手をかけた。皆で力を合わせ、
降りる人をサポートしているのだ。

こうなったら、もはや手動ドアだ。

苦労の末、無事に電車から脱出したその人は、ホーム
の人々にお礼を告げて去って行った。

普段は見られないこんな場面に遭遇した私は、会社に
遅れていることも忘れて、温かい気分になった。

世の中捨てたもんじゃない。
[PR]
by miphoant | 2007-12-04 23:04 | Others

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31