千の風になって

去年、初めて「千の風になって」を聞いた時、巷で
話題になっているのも知らず、ただの辛気臭い歌だと
思っていた私。

改めて歌詞を読み、とても素晴らしい歌だと気付いた
のはつい最近のことだ。

そんな私に反し、母は随分前からこの歌に注目して
いたと言う。その証拠にと母が持ち出したノートを見て
驚いた。

そこには、2003年に朝日新聞の天声人語で紹介
された件の歌詞が書き写されていたからだ。

その歌詞を眺めながら、
「私は前から思っていた」
と得意そうに呟く母。

この歌がいつか日の目を見るということを予測していた
としたら、確かに母には先見の明が備わっているの
かもしれないと頷きかけた時、

母は続けた。
「死んだ人はお墓になんていないと思っていた」
と。

私の母には何かが備わっている。
[PR]
トラックバックURL : http://miphoant.exblog.jp/tb/7003985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はな at 2008-01-18 00:46 x
私もこの詩に泣かされた一人だよ。
お母様は、逆に先見の明があったんだと私は思うよ。
最近でこそ、その手のスピリチュアルな思考が流行っているから、「死んだ人はお墓にいない」ということが常識っぽくなってきてるけど、
お母様はそれを5年もまえから、分かっていたんだものね。
ほんと、備わった人だとおもいますよー。
Commented by タツの母 at 2008-01-18 18:17 x
お母様(σ・∀・)σイイネ
2003年!!
そらすげー
私、この歌詞、実はよく知らないんだよねぇ~
でも、歌ってる人は明るいよね。
そのギャップが面白いよね。
この着眼ではお母様の先見の明には足元にも及ばないですわねぇ~
Commented by miphoant at 2008-01-19 14:23
はなちゃん
そう意味では、本当に先見の明があるのかもしれないね。
ずっと純粋な一面を持ち続けているところが、私も尊敬
するところです。言い換えると天然なんだけどね(笑)
Commented by miphoant at 2008-01-19 14:27
タツの母さん
私もどっちかと言うと、歌詞を知る前は、この歌を歌っている人の
キャラや、歌っている時の眉の動きに注目してたクチ。
まだまだ母のアンテナには敵いません。
by miphoant | 2008-01-17 21:31 | Others | Trackback | Comments(4)

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31