2007年 02月 10日 ( 1 )

幸せのちから

先週の土曜日、「幸せのちから」という映画を見に
行って来た。

実話が元になっていることや、ウィル・スミスと
実の息子が共演していることで話題になっている。

号泣するとまではいかなかったが、それでも見終
わった後、ほのぼのと暖かい気持ちにさせてくれ
る映画だった。
やっぱりサクセスストーリーは見ていて気持ちが
いい。

一緒に行ったKは、

号泣もしくは爆睡

を予告していたが、隣の人の貧乏ゆすりのお陰で
映画に集中出来ず、そのどちらも果たせなかった
らしい。

映画は前後左右の人の当り外れによって、大きく
影響を受ける。

-----------------------------------------------
ずっと前、映画を見に行った時、大きな声でワン
シーンごとにコメントするおばさん2人の隣に
座ってしまったことがある。

指定席だったので、席を移る訳にもいかず、仕方
なく隣のおばさんに静かに見るように

優しく注意

した。

ところが、隣のおばさんに私の意図は通じたが、
そのまた隣に座っているおばさんには通じなかった
らしい。
しばらくの間、隣の隣のおばさんは隣のおばさんに
話しかけ続けていた。

私に注意された隣のおばさんは、その話しかけに
応えることも出来ず、また、事の顛末を説明する
ことも出来ず、ただ私の方を気遣いながらダンマリ
を決め込んでいた。

その様子はまるで

嫁と姑との間で板ばさみになった夫

みたいだった。

隣のおばさんには可哀想なことをしたと少し反省
している。
-----------------------------------------------

ちなみに今回一緒に行ったKは、何度も隣の人に
睨みを利かし、それでも貧乏ゆすりが止まらなか
ったため、最終的には蹴りを入れたらしい。

やくざだ。
[PR]
by miphoant | 2007-02-10 11:33 | Others

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと