2007年 02月 25日 ( 2 )

男の領域

一昨日の金曜日、電車の中で、まだ19時前だという
のにすっかり出来上がった状態のおじさんに出くわした。

おじさんは競馬新聞片手に、赤い顔でしきりに、

「う~ん、う~ん」

と唸っている。

どうやらどの馬に賭けるか悩んでいるようだ。

隣に座っている人も、その不気味な様子に恐れをなし、
心なしか腰を浮かせ気味。

気になって密かに観察していると、おじさんは呟いた。

「う~ん、マンダム!」

思わず耳を疑って周りの様子を伺うと、ちょうど私の前
に立っていたお兄さんが、必死で笑いを堪えている様子。

やはり私の聞き違いではなかったようだ。

ちなみに「マンダム」とは、

「Man(男)」と「Domain(領域)」

を合わせた造語で、「男の領域」を意味するらしい。

なるほど。
[PR]
by miphoant | 2007-02-25 12:00 | Others

確定申告

先週の日曜日、税務署に確定申告に行ってきた。
高所得なわけでもマイホームを購入したわけでも
ない。

矯正治療の医療控除を受けるためだ。

通常、税務署は土日祝日は閉庁しているが、一部
の税務署で先週と今週の日曜日は、確定申告の
相談・申告書の受付けを行っているとこのこと。

有給休暇を無駄遣いしないために、重い腰を上げ
て先週の日曜日に片付けることにしたのだ。

確定申告と聞くとやたら面倒臭いイメージがある。
まずは申告書の作成方法を調べようと、
東京国税庁のHPをチェック。
するとそこには、ご親切にも

「平成18年分確定申告コーナー」

が用意されており、ウィザードに従って必要項目
を入力するだけで、申告書を作成出来るように
なっていた。

さらに、e-Taxを利用する場合は、ここで
作成した申告書を、電子データとして税務署に
送信することで確定申告が出来るようだった。

e-Taxを利用するためには、個人認証を行う
ための電子証明書や、ICカードリーダライタが
必要になる。

私のような給与所得者の場合、必ずしも毎年確定
申告を行うわけではないので、今回はe-Tax
を利用せず、作成した申告書を印刷してこの手で
税務署に持参することに。

混雑を覚悟で向かった税務署だが、到着すると、
相談所は混み合っているものの、提出窓口は
10人程度の待ち行列だった。

拍子抜けするほどすんなり申告書を提出し、家路
に着いた。

帰宅後は、還付金の使い道に空想を巡らすことで
休日の午後を有意義に過ごす。

これも「獲らぬ狸の皮算用」か。
[PR]
by miphoant | 2007-02-25 10:49 | Others

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと