カテゴリ:Travel( 222 )

d0077811_10365719.jpg

最終日は、房総フラワーロードへ。

館山の須崎から白浜の野島崎までの
約17kmのルートだ。

前に訪れた時には、
見頃を過ぎていたため、
どこがフラワーロードかという
風情だったけれど、

今回は、鮮やかなマリーゴールドが
両脇から熱烈歓迎してくれた。

路肩に車を停め、
他の車がいなくなるの見計らって
ど真ん中から激写。

したかったところだけれど、
後ろから車が来るのが怖くて、
少し左寄りから撮影。

写真から腰の引け具合が伺える。




[PR]
by miphoant | 2015-08-14 10:53 | Travel

館山旅行4(巴寿し)

d0077811_22253285.jpg


お昼ご飯は巴寿しで
南房総館山布良港で水揚げされた
新鮮な地魚寿司を堪能。

回らないお寿司なんて
いつぶりだろう。


[PR]
by miphoant | 2015-08-13 22:41 | Travel

館山旅行3(ひまわり畑)

d0077811_21201670.jpg

出会った頃、夫は館山にいたので、
この辺りの名所はあちこち行き尽くした感が
あったけれど、
ここに来るのは初めて。

館山市立館野小学校前のひまわり畑だ。
なんでも、地元の有志の方が毎年お世話して
下さっているらしい。

15000本のひまわりの花が
空を見上げる姿は圧巻。

すぐ近くに線路があり、
タイミングが合えば、内房線の電車と一緒に
ひまわり畑を撮ることが出来る。

実際、三脚を立てて、
その瞬間を待ち構えているお兄さんが居た。

レリーズを握り締めて、
今にもシャッターを切りそうな姿を見て、
もうすぐ電車が来るものだと思い、
私たちも待つことに。

ところが、待てど暮らせど、
一向に電車が来る気配がない。
痺れを切らして電車の時間を調べてみると、
電車の間隔は一時間に一本で、
次に来るのは約30分後だった。

あっさりと諦めて、
次の目的地、お寿司屋さんへ。


[PR]
by miphoant | 2015-08-13 21:52 | Travel

今回、久しぶりの館山ということで、
泊まりで行くことにした。

直前に決めたせいか、
なかなか宿に空きがなく、
断念しかけたところで見つけたのが
今回お世話になったオーパヴィラージュ。

1泊2日のプランは満室だったけれど、
2泊3日のプランには空きがあったため、
やけくそ気味で2泊して行くことに。

そんな感じで決めた割には、
居心地の良いホテルだった。

建物は少し年季が入っているけれど、
大人限定なのでとても静か。
南房総フレンチに舌鼓を打ち、
6つの貸切風呂でゆったりと寛ぎ、
プールサイドでなんちゃってリゾート気分を
味わえる。

ホテルの裏庭には、
ポタジェ(自家菜園)とガゼボ(東屋)があり、
緑溢れる気持ちの良い空間が広がっている。

いつまでもここに居たかった。

日焼けさえ気にならなければ、


d0077811_22225197.jpg

d0077811_09085628.jpg

d0077811_21223897.jpg

d0077811_22584084.jpg

d0077811_22564367.jpg


[PR]
by miphoant | 2015-08-12 23:10 | Travel

d0077811_14495980.jpg


先日、4年ぶりに館山湾花火大会に行って来た。

前回は、
会社終わりに館山に向かったにも関わらず、
大きな渋滞にも巻き込まれず、
駐車や場所取りもそれほど苦労しなかったので、
今回も大丈夫だろう高を括っていた。

ところが、今年は土曜日開催のせいか、
会場近くで駐車待ちの大渋滞。

17時には館山に到着したにも関わらず、
そこから2時近く車中で足止め。

しかも、駐車場が満車のため、
19時になると、
渋滞の列はうんともすんとも
動かなくなってしまった。

花火大会は19時30分開始。

もはや車から花火観賞かと諦めかけた時、
地元警察の方が近くの運動場に駐車して良し、
と誘導してくれた。

急いで車を駐車し、
花火が見える海岸まで徒歩で移動し、
空いているスペースに
遠慮がちにレジャーシートを広げ、
三脚を立て、いざ撮影開始。

ところが、撮り始めると、
打ち上げ場所からかなり遠く、
角度的にもよろしくない。

場所を吟味する余裕などなかったのだから、
仕方がない。
車の中ではなく、空の下で見られるだけ幸せだ。

と言い聞かせていると、
いきなり目の前で爆発音。

館山湾花火大会の名物の、
水中花火だ。

メインの打ち上げ場所からは遠かったものの、
偶然、水中花火の打ち上げ場所の目の前に
陣取っていたのだ。

お陰で、花火全体を捉えることも
ままならない程の近距離で、
関東地方最大級の8号玉の
水中花火を観賞することが出来た。

水中花火は徐々にメインの打ち上げ場所に
近付いて行き、最後は、水中花火と打ち上げ花火の
コラボレーションで素晴らしいフィナーレ。

カメラの縦横の配置を変えるのに
慌てふためいていた私は、
その様子を見ることも撮ることも出来ずに
終わったけれど。

d0077811_14501052.jpg


d0077811_14500417.jpg


d0077811_14501698.jpg

d0077811_14460452.jpg

d0077811_14581745.jpg


d0077811_15014813.jpg


d0077811_15275888.jpg


d0077811_15280831.jpg


d0077811_15484093.jpg


d0077811_16263460.jpg

d0077811_17005803.jpg

d0077811_17032335.jpg


[PR]
by miphoant | 2015-08-12 19:48 | Travel

箱根旅行5(椿山荘)

d0077811_16435693.jpg

少し遅めのお昼ご飯は、「椿山荘」で。

椿山荘(旧店名:貴賓館)は、
大正七年に藤田平太郎男爵の別館として
建てられた「国登録有形文化財建造物」だそう。



d0077811_16422653.jpg


大正浪漫の雰囲気の中、
自然薯とろろ蕎麦に舌鼓。

すするのに息切れする程の、強烈な粘りの
自然薯だった。



d0077811_16465967.jpg

d0077811_16471124.jpg

d0077811_17383117.jpg



お庭では、美しい紅葉が、落ちた後もなお、
鮮やかな彩りになっていた。


[PR]
by miphoant | 2015-01-25 17:01 | Travel

箱根旅行4(箱根関所)

箱根旧街道を歩き終えた後は、
復元された箱根関所を見学。

遠見番所のある展望スポットからは、
芦ノ湖が綺麗に見渡せる。
雲間から、うっすら、本当にうっすら、富士山も。

旧街道を歩いた後の足では、
展望スポットまでの階段が何気にきつい。



d0077811_166638.jpg

d0077811_1661139.jpg

[PR]
by miphoant | 2015-01-25 16:21 | Travel

箱根旅行3(箱根旧街道)

d0077811_2013392.jpg

d0077811_20155081.jpg

d0077811_20155440.jpg

d0077811_20193632.jpg

d0077811_2021926.jpg

d0077811_20532786.jpg

d0077811_20542511.jpg


箱根旅行2日目は、1日目果たせなかった
箱根旧街道へいざ出発。
須雲川から箱根関所まで、約7km、
約2時間半の道のりだ。

旧街道の石畳は、前日の風雨で落ちた葉で覆われ、
レッドカーペット化していた。

足を滑らさないように慎重に歩を進め、
割石坂、大澤坂、畑宿、一里塚、宙吊り石畳、
七曲り、橿木坂、猿滑坂、追込坂を経て、
甘酒茶屋に到着。



d0077811_20555991.jpg

d0077811_2057774.jpg

d0077811_20583694.jpg



ここで一息ついた後、白水坂、天ヶ石坂を
上り、権現坂を下り、元箱根を過ぎ、
程なく箱根関所に到着。



d0077811_2101158.jpg


タイムスリップして、
古の旅人になったようなひとときだった。


[PR]
by miphoant | 2014-12-25 22:10 | Travel

d0077811_16154932.jpg
d0077811_16145980.jpg

d0077811_1615282.jpg

d0077811_1615734.jpg

d0077811_16151167.jpg

d0077811_16152284.jpg


お昼は富士屋ホテルの名物カレー。

待ち時間も、ホテル館内の雰囲気を存分に
味わって、無駄使いしない。

魔法のランプのような器に盛られて
運ばれて来た高級カレーも、
一滴残らず味わって大満足。


[PR]
by miphoant | 2014-12-25 17:34 | Travel

箱根旅行1(美術館巡り)

d0077811_1791342.jpg


11月末、夫の家族と一緒に箱根旅行に行って来た。
1日目は箱根旧街道、の予定だったけれど、生憎の大雨。

朝から歩き始めることを見越して、午前中に集合して
しまったので、いきなり時間潰しモードへ。

とりあえず朝から見学出来る大湧谷へ向かった。
ところが、大湧谷も傘もさせない程の風雨。
仕方なく頂上まで上ることを諦めて、黒たまごだけ
ゲット。

しばらく作戦会議をした後、
次に向かったのは、風雨を凌ぐことが出来る成川美術館。
こちらは現代日本画を中心としたコレクションが展示
されていた。
日本画はなんだか地味なイメージがあったけれど、
自然な色彩ながら、豊かで力強い表現に圧倒。

成川美術館を鑑賞し終えても、まだお昼には早い
時間だったので、箱根ガラスの森美術館へ。
クリスタルガラスのクリスマスツリーが目的で、
それ以外には、見るべき物はなかったけれど、
悪天候のせいか、観光客で大盛況だった。

箱根ガラスの森美術館を出る頃には、ようやく雨も
止んでくれた。

晴れ男さんと晴れ女さんのお陰だ。


[PR]
by miphoant | 2014-12-25 17:13 | Travel

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31