「ほっ」と。キャンペーン

ふかひれご飯

今日、Kちゃんと恵比寿の筑紫樓に行って来た。

本日のお目当てはこのお店の

「ふかひれ入り煮込みかけごはん」

Kちゃんのグルメな先輩が絶賛の一皿らしい。

聞くと、ふかひれご飯は結構なボリュームがある
ということで、
「季節の野菜と干し貝柱のあんかけ」

「ふかひれ入り煮込みかけごはん」の二品を注文。

まずは、「季節の野菜と干し貝柱のあんかけ」が
私たちの前に運ばれてくる。
干し貝柱の旨味がたっぷり入ったヘルシーな一品。

そして次に現れたのが、件の「ふかひれご飯」。

絶品。

以前口にしたことのある「ふかひれの姿煮」よりも
美味しいと感じたのは、私が貧乏性であるが故か。

食後は、これまた絶品のアンニントーフで締めた。
[PR]
by miphoant | 2006-10-29 23:59 | Gourmet | Trackback | Comments(2)

RODY

d0077811_1137386.jpg昔からキャラクターものには興味を持てない私。

ハローキティ、スヌーピー、ミッキーマウス、
くまのプーさん、ミッフィーなどなど。

可愛いとは思うけれども、買おうとか集めようと
いう気にはならない。
自分のキャラには合わないという照れみたいな
ものがあるのかもしれない。

初めてディズニーランドに行って、ミッキーに
絡まれた時、最初は、

「かぁわぁいぃいぃ」

とか言いいながら、近づいてみたが、その後
顔を覗き込んだり、手を広げたりして一生懸命
アピールするミッキーに、居た堪れなくなり、

「あっ・・・どうも」

と挨拶をする始末。自分でも可愛くない女だと
思う。

そんな私が、ひょんなことから集め始めたもの
がある。それがRODY

RODYとは、
イタリアのレードラプラスティック社で製造
され、ヨーロッパ玩具製造安全基準など多くの
安全基準をクリアした子供用の乗用おもちゃ。

初めての出会いは、会社の後輩、Mちゃん宅に
お邪魔した時。
ベビーサックスのなんとも愛嬌のあるRODY
が出迎えてくれた。あまりの可愛さに、思わず
RODYに乗ってホッピング

二回目の出会いは、高校からの友人、M宅に
遊びに行った時。Mの子供、A君の遊び道具
として偶然にも同じ色のRODYが居た。

そこでRODYをべた褒めしたせいか、後日、
MからミニサイズのRODYが送られて来た。
それが記念すべき1頭目。

積極的に集めているわけではないが、行く先々
で偶然見かけた時に買ったり、人から貰ったり
しているうちに、今では4頭に。

一応名前を付けてみた。

上から順に、

ロディ、ロディ、ロディ、ジョディ

深い意味はない。
[PR]
by miphoant | 2006-10-28 11:20 | Others | Trackback | Comments(4)

フランス14(復路)

パリ最終日の9月29日、いよいよパリを発つ時間
が近づいて来た。

とらやのカフェでお茶をした後、夕方ホテルに戻り、
最終的な荷造りをする。
心配性の私たちは、23時25分の便にも関わらず、
18時のバスに乗り、パリ市内を離れて空港へ。
渋滞にも見舞われず、19時にCDGに到着。

出発まで4時間強

明らかに早過ぎるが、ダメモトでエールフランスの
チェックインカウンターへ向かった。

するとチェックインカウンターの手前に立っている
係員らしきおじさんに、どこに行くのかと問われる。

私は答えた。

「Air France」

すると、再度行き先はどこかと尋ねられる。

やっと質問の意味を理解した私はもう一度答える。

「To Japon」

ジャポン?
中途半端にフランス語かぶれだ。

それでもとりあえず通じたらしい。
日本行きのチェックインカウンターの場所を教えて
くれた。

言われた通りカウンターに行くと、そこでチェック
インは20時からだと教えらる。
それまで空港内の椅子で待ちぼうけ。

20時近くになると、何人かの人がカウンター前に列
を作り始めた。
それに倣って、私たちもその列に続いて並ぶ。
しばらく列に並んでいると、あることに気付いた。

列を成す人たちは、黒人の方ばかり。
この人たちが皆、日本へ行くとは考え難い。

不安になって、チェックインカウンターの上の掲示板
を見ると、行き先が、

BANGUI

となっている。

隣のチェックインカウンター上の掲示板の行き先には、
しっかり、

NARITA

と書いてあった。またやってしまったらしい。

危うく中央アフリカ共和国まで行くところだった。
[PR]
by miphoant | 2006-10-27 23:27 | Travel | Trackback | Comments(0)

フランス13(ぶらぶら)

d0077811_23561657.jpgフランス7日目、最終日9月29日。

この日は、ゆっくりと辺りをブラブラし、パリの街
にお別れを告げることに。
オシャレ地区(マレ地区、バスティーユ地区)
やシャンゼリゼ通りを散策し、お土産などを購入。

ランチをしようとフォションのカフェに向かうも、
運悪く改装中。
計らずしも、近くのラデュレに再訪してしまった。

帰りの便は23時25分発。
夕方ホテルに戻るにしても、たっぷり時間はある。

といっても行き場がない。
パリの観光名所は見尽くした感
が否めない。

ということで、ランチの後ゆっくりお茶でもして
時間を潰そうということに。

洋モノに食傷気味の私たちは、とらやのカフェへ。
パリの街で最後に口にしたのは、

季節の生菓子

だった。

画像は、
(食べかけの)季節の生菓子。
[PR]
by miphoant | 2006-10-26 23:53 | Travel | Trackback | Comments(0)

d0077811_091041.jpgフランス6日目、9月28日の夜は、セーヌ川の
ナイトクルーズへ。
パリ最後の夜を飾るにはもってこいのイベントだ。
私もTもかなり楽しみにしていた。

パリの夜が更けるのは20時半ぐらいから。
Tが入念な調査の末、選んでくれたのは、ポンヌフ
橋から30分ごとに出航するナイトクルーズだった。



d0077811_095031.jpgライトアップを存分に楽しめるように、21時出航
のクルーザーに乗ることにした。
時間ぎりぎりにポンヌフに到着し、急いでクルーザー
に乗り込む。

もちろん、まわりはアベックだらけだ。

そんな中、クルーザーが出航。
ルーヴル美術館やノートルダム寺院などの、美しく
ライトアップされた幻想的な姿にうっとり魅入る。

特にエッフェル塔は格別。
ちょうど、22時から10分間の、エッフェル塔の
イルミネーションショーも見ることが出来た。

トラックの電飾並みにど派手だ。

夜景は一度では上手く撮れないので、何枚も何枚も
撮る。
とその時、私の前に座っていた人が、後ろの景色を
見ようとおもむろに振り返った。
その瞬間、パシャリ。

そこに写るのは、見知らぬご婦人の超どアップ

どうも失礼しました。

画像は、
エッフェル塔(一枚目)、
ポンヌフ橋(二枚目)。
[PR]
by miphoant | 2006-10-25 23:51 | Travel | Trackback | Comments(0)

d0077811_23321753.jpgフランス6日目、9月28日。この日のランチは
Aちゃんと合流してレ・ブキニストへ。



d0077811_23331213.jpg三ツ星レストラン、ギー・サヴォアのセカンド
ラベルだ。
Aちゃんがあらかじめ予約してくれていたお陰で
スムーズに席に案内される。



d0077811_2334380.jpg店内は明るく洗練された雰囲気。弥が上にも気分
は盛り上がる。3人ともランチのコースを注文し、
それぞれ前菜、メイン、デザートを選択する。



d0077811_23344128.jpg私が選択したのは、前菜のカボチャのスープに鴨、
メインには魚のパイ包み、デザートにはアップル
ケーキ。どれも美しく美味しい。



d0077811_23351475.jpg次々とお料理を平らげながら、いつもと同じ調子
でしゃべり倒す3人。
パリに居ても、そこでは、

リトル・オオサカ

の世界が出来上がっていた。

d0077811_23354160.jpgAちゃん、楽しかったね。次は日本でしゃべり
倒そうね。

画像は、
テーブルの上のミニブーケ(一枚目)、
Aちゃんの選択した前菜(二枚目)、
前菜のカボチャと鴨のスープ(三枚目)、
メインの魚のパイ包み(四枚目)、
デザートのアップルケーキ(五枚目)、
Tの選択したデザート(六枚目)。
[PR]
by miphoant | 2006-10-24 23:27 | Travel | Trackback | Comments(4)

お誕生会

d0077811_0184025.jpg今日、恐れ多くも、友人に私の誕生会を開催して
貰った。しかもランチとディナーの二本立て。




ランチは、Tと共に二子玉川の高島屋、南館11階
にある「たん熊」へ。
お料理も美味しく、いつものことながら、Tとの会話
もオイシイ。

ディナーは、Dちゃんと共にHちゃん宅へ。
Hちゃんお手製のご馳走、Dちゃんが持って来てく
れたセレブなケーキに舌鼓を打つ。
リラックスして話すイロイロなこと。

最高に幸せ。

こんな歳になっても、こんな風に皆に温かく祝って
貰える私は、本当に幸せ者だ。

こんな日は、心がシンと澄んで、全てのことに感謝
出来る。

ありがとう。
[PR]
by miphoant | 2006-10-22 23:52 | Events | Trackback | Comments(0)

d0077811_22303639.jpgフランス6日目。9月28日。
この日はエッフェル塔に行く。
さすがに疲れが出てきたのか、遅めの7時45分起床。
朝食を取り、9時出発。

凱旋門も並ばずに上れたので、すっかり油断していた。
10時前にエッフェル塔に到着すると、そこにはもう
既に長蛇の列が。



12時半にAちゃんとランチの約束をしていたので、
2時間で上ってまた地上に戻って来るのは厳しいだろう
と一度諦めかける。
が、やはり諦めきれず、列の最後尾に並ぶ。


d0077811_22315100.jpg
エッフェル塔へ上る一口で言っても、1階、2階、3階
と行き先が3種類。もちろん料金も異なる。
迷わず3階行きを購入。

ナントカは高いところが好きというのは本当だ。

1時間程度でエレベータに乗り、2階へ移動。
さらに15分待ち、3階へ移動。階段を経て、頂上へ。

最上階からはパリ市内の素晴らしい眺望が見渡せた。
さすがエッフェル塔。

10分程最上階に滞在し、その後下りのエレベータに
乗り、地上に降りる。



d0077811_223458.jpgたった10分でも、すっかりエッフェル塔の虜

今後は階段で上ってみたい。

画像は、
足元から見上げたエッフェル塔(一枚目)、
エッフェル塔の最上階らのパリ市内(二枚目)、
エッフェル塔の最上階からのセーヌ川(三枚目)。
[PR]
by miphoant | 2006-10-20 22:28 | Travel | Trackback | Comments(0)

フランス9(階段づくし)

d0077811_23431456.jpg9月27日。
ラデュレでのランチの後、夕方からノートルダム寺院
へ行った。
幻想的なステンドグラスを鑑賞した後、階段で頂上を
目指す。

その数386段。


休み休み登り切ると、頂上からはエッフェル塔、
サクレクール寺院、モンパルナスタワーなど、パリの
街が一望出来た。



d0077811_23444974.jpgしばらく眺めを楽しんだ後、一気に階段を駆け下りた。
風月堂のゴーフルのような形の階段をぐるぐると
下りていくうちに、若干気分が悪くなる。

気を取り直し、その足で凱旋門へ向かう。
今度は272段の階段を上り、頂上に出る。
放射線状に延びるパリの街並やシャンゼリゼ通りは
圧巻だった。


d0077811_23452186.jpg折しも夕暮れ時。
赤く染まるパリの空を見た後、上りとは反対側にある
下りの階段を駆け下りた。

この後、可笑しくもないのに、膝が笑っていたのは、
何故だろう?

画像は、
ノートルダム寺院(一枚目)、
凱旋門(二枚目)、
凱旋門の頂上から見るシャンゼリゼ通り(三枚目)。
[PR]
by miphoant | 2006-10-19 23:32 | Travel | Trackback | Comments(0)

パワーヒート

昨日、フィットネスヨーガのパワーヒートのレッスンを体験
して来た。

今まで受けてきたヨガのレッスンとはまた一味違っている。

「前半はインドのパワーヨーガがベース、後半はアメリカの
パワーヨーガがベースに、エネルギーの<浄化から充電>
へ、<強く速い呼吸から深くゆっくりとした呼吸>へと流れる
ように行うプログラム(HPから引用)」らしい。

それ程動いているわけではないのに、前半の「強い呼吸」で
既にもう汗ばんでいた。

呼吸にも色々ある。

息を吸いながら大きく上に伸び、屈伸すると同時に手を振り
下ろし、一気に息を吐き出す呼吸、

息を吸いながら肘を後ろに引き、屈伸すると同時に手を前方
に伸ばし、一気に息を吐き出す呼吸法、

等々。

どれも真剣に取り組む。

カメハメ波が出そうな勢いだ。

屈伸を繰り返したせいか、今日は太ももが筋肉痛。

心身は浄化されたが、

エネルギーの充電が足りなかったらしい。
[PR]
by miphoant | 2006-10-17 23:40 | Sports | Trackback | Comments(2)

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28