<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マイショッピングカート

この間の土曜日、近くのスーパーに買い物に行った。

お惣菜と納豆だけ買って、考え事をしながらスーパー
を後にする。
我が家に向ってしばらく歩いていると、やけに荷物が
かさばることに気付いた。

ふと手元を見ると、そこにはスーパーの

買い物かご

があった。
[PR]
by miphoant | 2007-02-26 22:31 | Others

男の領域

一昨日の金曜日、電車の中で、まだ19時前だという
のにすっかり出来上がった状態のおじさんに出くわした。

おじさんは競馬新聞片手に、赤い顔でしきりに、

「う~ん、う~ん」

と唸っている。

どうやらどの馬に賭けるか悩んでいるようだ。

隣に座っている人も、その不気味な様子に恐れをなし、
心なしか腰を浮かせ気味。

気になって密かに観察していると、おじさんは呟いた。

「う~ん、マンダム!」

思わず耳を疑って周りの様子を伺うと、ちょうど私の前
に立っていたお兄さんが、必死で笑いを堪えている様子。

やはり私の聞き違いではなかったようだ。

ちなみに「マンダム」とは、

「Man(男)」と「Domain(領域)」

を合わせた造語で、「男の領域」を意味するらしい。

なるほど。
[PR]
by miphoant | 2007-02-25 12:00 | Others

確定申告

先週の日曜日、税務署に確定申告に行ってきた。
高所得なわけでもマイホームを購入したわけでも
ない。

矯正治療の医療控除を受けるためだ。

通常、税務署は土日祝日は閉庁しているが、一部
の税務署で先週と今週の日曜日は、確定申告の
相談・申告書の受付けを行っているとこのこと。

有給休暇を無駄遣いしないために、重い腰を上げ
て先週の日曜日に片付けることにしたのだ。

確定申告と聞くとやたら面倒臭いイメージがある。
まずは申告書の作成方法を調べようと、
東京国税庁のHPをチェック。
するとそこには、ご親切にも

「平成18年分確定申告コーナー」

が用意されており、ウィザードに従って必要項目
を入力するだけで、申告書を作成出来るように
なっていた。

さらに、e-Taxを利用する場合は、ここで
作成した申告書を、電子データとして税務署に
送信することで確定申告が出来るようだった。

e-Taxを利用するためには、個人認証を行う
ための電子証明書や、ICカードリーダライタが
必要になる。

私のような給与所得者の場合、必ずしも毎年確定
申告を行うわけではないので、今回はe-Tax
を利用せず、作成した申告書を印刷してこの手で
税務署に持参することに。

混雑を覚悟で向かった税務署だが、到着すると、
相談所は混み合っているものの、提出窓口は
10人程度の待ち行列だった。

拍子抜けするほどすんなり申告書を提出し、家路
に着いた。

帰宅後は、還付金の使い道に空想を巡らすことで
休日の午後を有意義に過ごす。

これも「獲らぬ狸の皮算用」か。
[PR]
by miphoant | 2007-02-25 10:49 | Others

箱根3(宴)

d0077811_21261027.jpg展望風呂で絶景を堪能した後、個室ダイニングで
和懐石に舌鼓を打つ。


d0077811_23401623.jpg途中で隣の個室から子供が乱入するハプニングが
あったものの、ゆっくりと食事を頂くことが出来た。
食事の後、今度は大浴場にある源泉掛け流しの
露天風呂で温まる。


d0077811_23418100.jpgお風呂上がりに、宿泊施設の中にあったカラオケに
行くことに。

9年もの付き合いの中で、Tとカラオケに行くのは
これが初めて。

宇多田ヒカルの「ぼくはクマ」

で始まり、

石川さゆりの「天城越え」

で締めるというレパートリーの広さで魅せてくれた。

さすがTだ。
[PR]
by miphoant | 2007-02-22 22:16 | Travel

箱根2(展望風呂)

d0077811_17411391.jpg強羅からタクシーで約25分、宿泊予定の宿に到着。

予想以上の豪華仕様に、これまた大興奮の二人。
全体的に、バリ風でかつ今風のデザインに統一
されていた。


d0077811_17403313.jpgお部屋で一息ついた後、素晴らしい眺望が望める
という展望風呂に。
展望風呂からは、フロントでの説明通り、目の前
に富士山が見えた。

私の両親は日頃見る機会がないせいか、富士山が
大好きだ。


d0077811_17421444.jpg入社間もない頃、私が富士山の裾野にある事業所
で研修中に、実家から電話があった時のこと。

私が富士山の近くにいることを告げると、母は、
素っ頓狂な声で、

「富士山ってマウントフジ!?」

と叫んだ。それくらい衝撃的だったらしい。

そんな母も父と一緒に、何度か関東に来たことは
あるが、こんなにすっきりと晴れた空の下、夕日
に映える富士山を見たことはない。

いつか連れて行きたいと思った。
[PR]
by miphoant | 2007-02-18 17:34 | Travel

箱根1(箱根登山鉄道)

d0077811_16393181.jpgこの間の金曜日、Tと一泊で箱根の温泉に行って
来た。

川崎から東海道本線と箱根登山鉄道を乗り継ぎ、
強羅へ。

「箱根登山鉄道」は別名「あじさい電車」と呼ばれ、
6月中旬から7月下旬にかけて、線路脇に咲き
誇る紫陽花を楽しむことが出来るそうだ。

紫陽花好きのTは、興奮気味にやたら「あじさい」
を連呼していた。

この登山鉄道は、初夏の紫陽花だけではなく、
秋の紅葉、冬の雪景色が楽しめるらしい。
残念ながら、今年は暖冬のせいか雪景色を鑑賞
することは出来なかった。

それでも、車内を流れるアナウンスによる、
箱根登山鉄道の特色
(30Rの曲線、80バーミルの勾配、レール
圧着ブレーキ、スイッチバック方式など)
に関する解説を聞きながら、車窓から見える景色
を楽しむことが出来た。

特に「スイッチバック方式」については、耳にした
ことはあったものの、初体験だったため、私もTに
負けず劣らず大興奮だった。

もしかして、私、遅咲きの

「てっちゃん(*)」

かも?

(*)鉄道マニア、鉄道を全般的に愛する人。

画像は箱根登山鉄道のHPから拝借。
[PR]
by miphoant | 2007-02-18 16:42 | Travel

花粉症

今年もまたやって来た。花粉が舞い散る季節。
小さい頃は縁がなかった花粉症。

幼心に何故か花粉症に淡い憧れを抱いていたのを
覚えている。
クスンクスンと鼻をすする姿にどこか女性らしさ
を感じていたのかもしれない。
視力が良い人が眼鏡に憧れるようなものだ。

そんな私が現実を知ったのは、大学生の時。
大量に花粉が発生した年、憧れの花粉症
になった。

蓋を開けてみれば、クスンクスンなんて甘いもの
ではない。くしゃみ鼻水は当たり前。夜も眠れぬ
程の症状だった。

特に私の場合、人とは少し違った症状が。
目や鼻の粘膜だけではなく、口の中の粘膜
が痒くなるのだ。
痒くて痒くて、むしょうに歯磨きをしたくなる。

私だけだろうか。
[PR]
by miphoant | 2007-02-16 12:03 | Health

幸せのちから

先週の土曜日、「幸せのちから」という映画を見に
行って来た。

実話が元になっていることや、ウィル・スミスと
実の息子が共演していることで話題になっている。

号泣するとまではいかなかったが、それでも見終
わった後、ほのぼのと暖かい気持ちにさせてくれ
る映画だった。
やっぱりサクセスストーリーは見ていて気持ちが
いい。

一緒に行ったKは、

号泣もしくは爆睡

を予告していたが、隣の人の貧乏ゆすりのお陰で
映画に集中出来ず、そのどちらも果たせなかった
らしい。

映画は前後左右の人の当り外れによって、大きく
影響を受ける。

-----------------------------------------------
ずっと前、映画を見に行った時、大きな声でワン
シーンごとにコメントするおばさん2人の隣に
座ってしまったことがある。

指定席だったので、席を移る訳にもいかず、仕方
なく隣のおばさんに静かに見るように

優しく注意

した。

ところが、隣のおばさんに私の意図は通じたが、
そのまた隣に座っているおばさんには通じなかった
らしい。
しばらくの間、隣の隣のおばさんは隣のおばさんに
話しかけ続けていた。

私に注意された隣のおばさんは、その話しかけに
応えることも出来ず、また、事の顛末を説明する
ことも出来ず、ただ私の方を気遣いながらダンマリ
を決め込んでいた。

その様子はまるで

嫁と姑との間で板ばさみになった夫

みたいだった。

隣のおばさんには可哀想なことをしたと少し反省
している。
-----------------------------------------------

ちなみに今回一緒に行ったKは、何度も隣の人に
睨みを利かし、それでも貧乏ゆすりが止まらなか
ったため、最終的には蹴りを入れたらしい。

やくざだ。
[PR]
by miphoant | 2007-02-10 11:33 | Others

サンバイザー

この間、訳あってX線撮影装置の見学に行って来た。
X線撮影装置とは、所謂レントゲン装置のことだ。

装置の他にも、放射線から医師や技師の身を守る
防護エプロンや防護手袋、防護メガネ、さらには

防護帽子

まで置いてあった。

ちょうどゴルフのキャディーさんが被るサンバイザーの
ような形をしている。

とりあえず帽子を試着して、遠くを仰ぎながら、

「ファー」

と言ってみる。

ところが、ツバの部分が重くなっていて、上げても上げ
ても落ちてくる。

これでは手術や診断の時に視界が遮られてしまうの
ではと疑問に思ったが、その時はそんなものかと深く
考えなかった。

あとで説明を受けたところ、それは頭に被るものではなく、
甲状腺を放射線から守るために首からかける

ネックガード

だった。
[PR]
by miphoant | 2007-02-03 12:59 | Others

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと