「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一人称

この間の土曜日、ジムの帰りにいつもの仲間と飲みに
行った時のこと。

男性陣の中で、一人称、つまり、
「自分自身を指す代名詞」として何を使うかという話題
になった。

オーソドックなところで、「ワタシ」、「ボク」を使うという
意見が挙がった。
他にも、詐欺師風に「オレ」、高倉健風に「ジブン」
を使う人もいるだろう。ここまでは容易に予想出来る。

しかし予想外にも「オラ」と答えた人がいた。
まるで悟空だ。

落ち込んだ時は、やはり
「みんな、オラに元気を分けてくれー!」
と言うのだろうか。
[PR]
by miphoant | 2007-06-29 23:52 | Others | Trackback | Comments(2)

えひめAI

この間、うちの親から電話で唐突に、
エヒメエーアイを送るから使ってみて」
と言われた。

「エヒメエーアイ」という謎の言葉を聞いて、私の頭の中は
疑問符で一杯になった。が、如何せん
うちの母は前置きがなく父は前置きが長いという
対照的なタイプ。どちらに聞いても話が面倒なので、その場
は軽く聞き流しておいた。

数日後、予告通り謎の液体「エヒメエーアイ」が送られてきた。
電話での説明と、同梱されていた説明文と、Googleでの検索
結果を総合して、以下のことが分かった。

えひめAIとは、酵母・乳酸菌・納豆菌を糖蜜で発酵培養させた
環境浄化微生物のこと。

微生物の力で、工場排水や生活排水の処理を行い、水質向上、
汚泥削減、消臭等の向上を図り、河川への負荷を軽減すること
を目的として愛媛県工業技術センターで開発されたものらしい。

えひめAIには、産業用に開発された「えひめAI-1」と、家庭用
に開発された「えひめAI-2」の二種類があり、
うちの親は、このうち納豆、ヨーグルト、ドライイースト等を材料
として家庭で簡単に作れる「えひめAI-2」を発酵培養した模様。

使い方は至って簡単。
台所やトイレ、お風呂場等の水周りに、薄めた「えひめAI-2」を
霧吹きで散布するか、50cc程度の原液を溜めておくだけで、
臭いや排水のぬめり・詰まりが解消される。

なにより、地球に優しいのが良い。

こんな素敵な微生物を送ってくれた両親に感謝。

だけど、人前でこの話をする時は気をつけて欲しい。
えひめAIは、
「エヒメエーアイ」ではなく、「エヒメアイ」が正しい読み方
みたいだから。
[PR]
by miphoant | 2007-06-25 19:06 | Others | Trackback | Comments(6)

新宿2丁目の森

ニンテンドーDSを購入して一ヶ月。

甥っ子に勧められるまま購入した「どうぶつの森」。

最初のうちは、本当に面白いのかと半信半疑だった
私も、この一ヶ月で立派な森の住人となった。

ゲームの内容は、
ゲームの中の村に住んで、
村の住人のどうぶつたちと話をしたり、
買い物をしたり、手紙を書いたり、虫や魚を捕ったり、
家のローンを払ったり、家を改築したり、
家具や壁紙を買ってインテリアを変えたり、
洋服や小物を買っておしゃれをしたり、
と、自由に村の中の生活を楽しむことが出来るという
ものだ。

さらに、村の住人と仲良くなると、彼らから
「あいさつ」や「くちぐせ」を考えて欲しいと言われる
ようになる。

考えてあげると、その後は私が考えた言葉で律儀に
「あいさつ」をしたり、「くちぐせ」を言ったりしてくれる
のだ。

そこで私が考えてつけた「くちぐせ」&「あいさつ」は、
最近巷で流行の「どんだけ~」

今では、村じゅうのどうぶつたちが、私に向かって
「どんだけ~」
と声をかけてくる。


「どうぶつの森」が、
「新宿2丁目の森」と化している。
[PR]
by miphoant | 2007-06-23 14:23 | Others | Trackback | Comments(2)

バジルの不思議

d0077811_0114091.jpg
今年も例年に倣ってバジルの種を蒔いた。

今年は欲張ってプランター二つで育てることに。

同じ土に、同じ種、同じ場所に置いた
二つのプランター。



d0077811_0123581.jpg
えこひいきをした訳でもないのに、
一方のプランターのバジルはグングン成長する
のに対し、
もう一方のプランターのバジルの成長はイマイチ

ゆっくりでいい。元気に育って欲しい。
[PR]
by miphoant | 2007-06-16 23:56 | Gardening | Trackback | Comments(2)

ブログ祭り

ここのところ、アンテナが鈍っていて、なかなかブログを
更新出来ない日が続いていた。

ところが、昨日突然、神のお告げのように、創作意欲が。

一度に3つの記事をアップロード。

ちょっとしたブログ祭りである。
[PR]
by miphoant | 2007-06-11 22:12 | Others | Trackback | Comments(0)

ポルトガル料理

一昨日の金曜日、会社の同僚、Kちゃん、Aちゃんと3人
でポルトガル料理を食べに行った。

今回行ったMANUELは私のお気に入りのお店の一つ。
彼此これで五回目の利用になる。

ポルトガル料理は、じゃがいもや豚肉、「バカリャウ」
と呼ばれる干し鱈などの食材を使い、素材の美味しさを
生かしたシンプルな料理が多く、日本人にも馴染み易い。

この日は、
青菜とジャガイモのスープに始まり、
緑野菜のボイル、
バカリャウとお野菜の土鍋煮、
豚ロースのオーブン焼き チョリソーを巻いて、
鴨ご飯(リゾットもしくはオーブン焼き)、と続き、
最後に思い思いのデザートで締めた。

二人の言葉と料理とワインが、心と体に染み入るような、
そんなひと時だった。

お店を出た後、おもむろにタバコを出すKちゃん。ふと、
お店に居る間は吸っていなかったことに気付き、
その理由を問う私

二人の呆れた表情を見て思い出した。

お店の情報を二人に知らせるメールの中で、
私自身が「全席禁煙」と書いていた
ことを。
[PR]
by miphoant | 2007-06-10 11:45 | Gourmet | Trackback | Comments(4)

焼きそば

先日、スーパー銭湯に行った後、Mと一緒に港北の
Northportに行ってきた。

到着直後、2時間もの入浴のせいで、ぺこぺこになった
お腹を満たすべく、飲食店のあるフロアへ。
3階のフードコートへ行くと、そこにはえも言われぬ良い
匂いが漂っていた。

「長田本庄軒」という焼きそば専門店からだ。

しかし、そのお店の前には長蛇の列。空腹の極みにいる
私たちにとって、その列に並んで待つことは拷問に近い。

待つべきか、待たざるべきか。

葛藤の末、結局待つことに。
待っている間中、私の頭の中は焼きそばで一杯
だった。

そんな思いをして手に入れた焼きそばは、
自家製のもちもちの麺と、ぼっかけ(*)と特製ソースが
絶妙に絡み合う絶品。

「私の頭の中の焼きそば」
という映画が作れそうなくらいの感動だった。




(*)ぼっかけ・・・牛すじとコンニャクを甘辛く煮たもの
[PR]
by miphoant | 2007-06-07 22:50 | Gourmet | Trackback | Comments(2)

スーパー銭湯

昨日、Mと一緒に、スーパー銭湯ヨコハマユーランド緑
に行って来た。

久しぶりに行くスーパー銭湯は、時間が時間(真昼間)
だけに空いていて、温泉気分を満喫出来る露天風呂や、
天然ハーブの香りが心地よい岩盤浴を堪能出来た。

湯上りは、座敷でお茶(タダ)を一服。

ちょっとした旅行気分だ。

心身ともにリフレッシュした私は、帰宅後、夜の20時
から朝の7時までぐっすりと睡眠。

次の日、お肌の調子が良かったのは、温泉効果
だろうか、それとも睡眠効果だろうか。
[PR]
by miphoant | 2007-06-04 12:36 | Beauty | Trackback | Comments(0)

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30