<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

西表島旅行2(宿)

d0077811_0241573.jpg今回の旅では、
滞在する宿、
現地で参加するツアー、
高速船のチケット、

と全て友人Hが手配してくれた。


せめて下調べだけは念入りにと思い、
宿の名前をHにメールで問い合わせたところ、
「宿はさわやかそう
との答えが返って来た。

d0077811_0251149.jpg誰も感想なんて聞いてないよと思っていたら、
宿の名前が「さわやか荘」
だった。

携帯の操作方法がよく分からず、
「荘」という字に変換出来なかったらしい。

(画像は、上から順に、
部屋から見えた鳥、
部屋から見えた夕日)
[PR]
by miphoant | 2008-08-26 23:46 | Travel | Trackback | Comments(0)

西表島旅行1(往路)

d0077811_0304680.jpg先日、友人Hと3泊4日で西表島へ行ってきた。

私は羽田から、Hは関空から出発するため、Hとは
石垣島の離島桟橋で落ち合う予定になっていた。

私は羽田発、那覇経由で15時10分石垣着予定。
Hは関空発の直行便で13時10分石垣着予定だ。

当日、朝の5時に起床、
7時発のたまプラーザ駅発、羽田空港行きの
リムジンバスに乗り、8時に羽田空港着。
9時羽田空港発、那覇行きのJALの飛行機で、
予定通り11時30分に那覇に到着した。

ここまでは順調だった。

ところが、14時15分に出発する予定だった那覇発
石垣行きのJTAの飛行機が1時間遅延。
15時15分に那覇を出発し、16時15分に漸く石垣に
到着した。

彼是3時間もHを待たせているということと、
石垣島から西表島上原港へ渡る高速船の最終が
17時頃だったという記憶から、焦りはピークに。

そのせいか、手荷物受取所を素通りし、うっかり
空港の出口から出てしまった。
慌てて出口から入ろうとすると、係の人に引き止め
られた。出口から入ることは禁止されているからだ。

しかも、一旦出口から出た人は、
たとえ、受け取るべき荷物があったとしても、
他の人の荷物が全てピックアップされた後でないと、
自分の荷物を取ることが出来ないらしい。

それを聞き、すっかり冷静さを欠いた私は、
「そこをなんとか」、
「急いでいるので」、
「ついうっかり」
「以後気をつけます」、
「見なかったことに」、

と、手を合わせて食い下がった。

そんな悪あがきが通用するわけもなく、係の人に
駄目なものは駄目ときっぱり切り捨てられ、
仕方なく、捨てられた仔犬のように出口の外で
待っていると、情けをかけてくれたのか、係の人が
私の代わりに荷物をピックアップして来てくれた。

離島桟橋で待つHに連絡すると、
17時に西表島上原港行きの高速船があると言う。
(西表島上原港行きの高速船の最終は17時20分)

空港から離島桟橋までバスで行くという手もあるが、
時間的に厳しいため、タクシーで向かうことに。

動揺していたせいか、タクシーに乗る際に、
1人のくせにわざわざ助手席に乗ろうとし、
そこに運転手さんの荷物があることに気付いた私は、
自分の間抜けっぷりにも気付かず、
「(荷物があるから)後ろに乗った方が良いですか」
と言いながら、しぶしぶ後部座席に落ち着いた。

なんとか船の出発前に離島桟橋に到着し、無事Hと
落ち合うことが出来た。
そして興奮冷めやらぬ状態で、事の顛末を説明。

西表島に到着するまで、高速船に負けず劣らず、
エンジン全開で、しゃべりっぱなしだった。

結局初日は移動だけで終了。
西表島は遠い国だということが分かった。

(画像は、那覇空港からの眺め)
[PR]
by miphoant | 2008-08-24 18:37 | Travel | Trackback | Comments(8)

瑠璃の島

友人のHより、来週の西表島旅行に備えて
「瑠璃の島」
を見ておくようにと指令が出た。

3日目に、このドラマのロケ地となった鳩間
シュノーケルをする予定になっている。
DVDを見て気分を盛り上げろということらしい。

早速、TSUTAYAで全巻(全10話)レンタルし、
2日間ぶっ続けで鑑賞。

親から捨てられ、施設で育った少女「瑠璃」が、
小学校廃校の危機に瀕する沖縄の孤島で
里子として暮らすうちに、人との絆を取り戻して
いくというストーリーだ。

緒方拳、倍賞美津子、岸部一徳、平泉泉、
小日向文世、市毛良枝、塩見三省、
といったベテラン役者さんの演技が素晴らしく、
コブクロの「ここにしか咲かない花」もまた良い。

全巻通して号泣だった。

これですっかり島の子の気分。準備万端だ。

あとは荷造りのみ。
[PR]
by miphoant | 2008-08-18 01:52 | Others | Trackback | Comments(4)

モトヤ

d0077811_23443347.jpg今日は、ハワイ先生のところに行ったついでに、
モトヤ. パンケーキリストランテ
に行ってきた。

一階を見下ろせる横並びの席に座っていると、
後から来たカップルと相席になった。

夕方の中途半端な時間だったが、ちょっと早め
の晩御飯代わりに、オムレツセットを注文。

オムレツセットは、
パンケーキ3枚、
オムレツ、
ミニサラダ、
ポテト
がセットになっている。

ボリューム満点なので、あらかじめパンケーキ
3枚のうち1枚を、持ち帰り用に包んで貰った。

それでもかなりのボリュームだ。

カップルが2人で1つのロールケーキを仲良く
食べる隣で、1人でがっつりオムレツセット

ご馳走様でした。
[PR]
by miphoant | 2008-08-15 23:45 | Gourmet | Trackback | Comments(0)

北京オリンピック

d0077811_21193316.jpg今回の夏休みは、実家で思う存分
北京オリンピック観戦

といきたいところだが、世界と勝負する前に
小学校5年生の甥っ子とバトル。

バトルと言っても喧嘩ではない。

競泳
名探偵コナン
柔道
ケロロ軍曹
バドミントン
ドラゴンボールZ
ヤッターマン
体操
バレーボール

つまり、チャンネル争いだ。

ガンバレ私!
[PR]
by miphoant | 2008-08-14 02:32 | Sports | Trackback | Comments(4)

カタカナ

私はどうもカタカナに弱いらしい。

今日もマレーシアの話をしていて、
コタキナバルのことを、

コキタナバル

と言い、皆のコタキナバルに対する
イメージを壊してしまった。

前にも、サルティンバンコのことを、

サルバンティンコ

と言い、皆を赤面させてしまった
ことがある。

皆さん、
想像力が豊かでいらっしゃるようで。
[PR]
by miphoant | 2008-08-10 19:50 | Others | Trackback | Comments(2)

水泳部

隣の席の後輩が、会社帰りに通うジムを探し始めた。
元水泳部だった彼にとっては、プールが重要らしい。

短くても短水路(25m)は必要だと言う。
50cmでも短いと、違和感を感じるそうだ。

さすが元水泳部と感心しながら、25m泳ぐ間の

「スクロール数」

も決まっているのかと聞くと、
大体決まっていると答えた後、少し逡巡してから、

「ストローク数」

と修正された。

そうだった。
[PR]
by miphoant | 2008-08-09 12:02 | Others | Trackback | Comments(4)

ESL

d0077811_0574449.jpgPodcastで英語の勉強をしていることを話すと、
色んな人から、
ESL
を勧められる。


ESLとは、
English as a Second Languageの略で、
英語を母国語としない人達のための英語教育という
意味らしい。

なるほど、私にうってつけだ。
早速登録して聴いてみると、予想以上に素晴らしい。

毎回、ホストのJeff先生が、
アメリカの文化や社会、生活や仕事に密着した内容の
スクリプトを、ゆっくりくっきり読み上げた後、
その内容を、これまたゆっくりくっきり
簡単な単語分かりやすい例を用いて解説し、
最後に同じスクリプトを通常スピードで読み上げる。

Lucy先生のウィットに富んだスクリプトと、
Jeff先生の丁寧でユーモアに溢れた解説を
聴いているうちに、すっかり虜になってしまった。

今では、勉強のためと言うより楽しみで聴いている。

ちなみに、本編とは関係ないが、冒頭にJeff先生が
beautiful Los Angeles, California
と言う時の、抜けた感じもたまらなく良い。
[PR]
by miphoant | 2008-08-08 01:01 | English | Trackback | Comments(2)

大人のチーズ

先日、Face Work Studioの後、Dちゃんと
代官山ASOチェレステ二子玉川店
に行ってきた。

このお店は、
天井が高く、開放感があってとても居心地が良い。
日が落ちた後は、窓際の席から、ちょっとした夜景
を楽しむことも出来る。

お料理はもちろんのこと、
特筆したいのは自家製のパンとバター
パリパリと香ばしいパンに、
塩の効いたホイップバターが絶妙に合う。
調子に乗ってつい食べ過ぎるので、注意が必要だ。

今回選んだのは、
プリフィクスメニューからそれぞれ
アンティパスト、セコンドピアット、ドルチェ
を選べるMENU C。

私は、
・アンティパスト
夏野菜と海老のマリネ ガスパチョソース
・セコンドピアット
鴨のロースト黒蜜ソース 
鴨のコンフィとじゃが芋のパイ包み添え
・ドルチェ
モンブラン
を選んだ。

アンティパスト、セコンドビアットを堪能したところで、
チーズを勧められ、せっかくだからとそれぞれ
一品ずつ試してみることに。

私が選んだのは、見た目カマンベール風。
Dちゃんが選んだのは、見た目チェダーチーズ風。

カマンベール風のチーズは、
ひとくち目こそ、独特の匂いに衝撃を受けたものの、
食べられなくはない。

ところが、
チェダーチーズ風のチーズをひとくち口にした
Dちゃんは、微妙な表情。

感想を求めると、その味を、
「牛のウンコ」
と表現した。

怖いもの見たさで、私も試してみたが、やっぱり
Dちゃんの表現は正しいと認めざるを得なかった。
私たちには、このチーズはレベルが高すぎたようだ。

その後のドルチェが美味しかったこと。
[PR]
by miphoant | 2008-08-03 16:39 | Gourmet | Trackback | Comments(4)

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと