d0077811_18493685.jpgニュージーランド2日目も、クライストチャーチ。

ホテルの近くにある、評判のパン屋さんで
ベリータルト、スターバックスでラテを調達し、
ホテルの前にあるヴィクトリア公園で朝食。


d0077811_18504163.jpgのんびり食べていると、そこいらにいる
集まってくる。

一羽、二羽、という調子で次々と集まり、
最後には鳴き出して仲間を呼び出す始末。

あっという間に鳥たちに包囲されてしまった。


d0077811_185171.jpg朝食を奪われては大変とばかりに、慌てて
タルトを胃袋に収めた。


d0077811_1857551.jpgヴィクトリア公園には、花時計や噴水、
18世紀の探検家ジェームズ・クックの銅像、
公園の名前にもなっているヴィクトリア女王
銅像がある。

美しい公園の景観を心と写真に留め、
鳥に追われるように、公園を後にした。
[PR]
by miphoant | 2009-10-29 19:00 | Travel | Trackback | Comments(0)

d0077811_1803116.jpgこの日の夜は、名物のマッスル(ムール貝)
を食べられるレストラン、
パラッツォ・デル・マリナイオへ。

お昼ご飯も遅かったため、メインの
マッスルのワイン蒸しだけを注文。


といっても、温野菜やトマトベースのスープで
煮込んだライスも付いてくるから量的には十分。

わくわくして待っていると、大きなボールに
これでもかと盛られたマッスルが登場。

早速ぷりぷりのマッスルの身を一口。

これはやばい。

とても懐かしいかおり

記憶の糸を辿り、それが何であるか思い出した。

動物園のかおりだ。

一度そう思ってしまうと、なかなか目前の大量
のマッスルに手が伸びない。

d0077811_1812535.jpgそれでも残すのは申し訳ないと、動物園の臭い
と戦いながら、涙目で半分ほど平らげた。

そこで人間の限界を感じ、結局、お店の人に
ごめんなさいをしてお店を後に。

ニュージーランド初日の晩御飯、完全敗北
[PR]
by miphoant | 2009-10-29 18:05 | Travel | Trackback | Comments(0)

d0077811_19452465.jpgd0077811_19463675.jpg

主な観光スポットを押さえた後は、
東京ドーム38個分という広大な敷地を
誇るハグレー公園へ。


d0077811_19465221.jpgd0077811_1947740.jpgd0077811_19505859.jpg


この日は、残る時間をここでのんびりと
過ごすことに。


d0077811_19534023.jpgd0077811_19575257.jpg


d0077811_19581844.jpg
広々とした空間に、花と緑が溢れ、
穏やかな時間が流れている。

ふとその辺に寝っ転がって昼寝でも
したい気分に駆られる。

次は目覚まし時計持参で行こう。
[PR]
by miphoant | 2009-10-28 20:30 | Travel | Trackback | Comments(0)

d0077811_15244233.jpgクライストチャーチには、
大聖堂の他にも、追憶の橋、アートセンター、
カンタベリー博物館など、色々観光スポット
がある。


d0077811_1525990.jpgd0077811_1529199.jpg


d0077811_15295190.jpg小さい街なので、それらの観光スポットを
歩いて回ることも出来るし、
トラムという路面電車に乗って効率良く
回ることも出来る。


d0077811_1531174.jpgd0077811_15362080.jpg


d0077811_16311225.jpg食後の腹ごなしには徒歩、疲れたらトラム、
と使い分け、あっさり観光スポットを制覇
[PR]
by miphoant | 2009-10-28 16:35 | Travel | Trackback | Comments(0)

d0077811_123927.jpg食後は、まずクライストチャーチの
街のシンボルにもなっている、
クライストチャーチ大聖堂へ。


d0077811_12122972.jpg
イギリス移民により、1864年に建造が
始まり、40年の歳月をかけて1904年
に完成したという。


d0077811_12263158.jpg
残念ながら、正面のステンドグラス
修理中。

修理が完了するのは、いつのことだろう。
[PR]
by miphoant | 2009-10-27 12:33 | Travel | Trackback | Comments(4)

d0077811_11251463.jpg空港からホテルへと移動し、
ヴィクトリア公園に面した、
ホテルにチェックインした後、早速
クライストチャーチの街を観光。

の前に、まずは腹ごしらえ。

この日は日曜日だったため、お休みの
お店が多い。
開いていても、ランチタイム終了時間
間際にお店に入ると、入店を断られる。

d0077811_11315531.jpg基本的にニュージーランド人は、
やる気がないらしい。

やっと開いているお店を見つけて、
名物のサーモン料理、
サーモンベネディクトにありついた。

これでエネルギーチャージ完了。
[PR]
by miphoant | 2009-10-27 11:36 | Travel | Trackback | Comments(2)

勤続10年の慰労休暇を利用して、6泊8日で
ニュージーランドに行って来た。

1日目の夕刻、予定通り出発し、2日目の朝、
無事ニュージーランドのクライストチャーチ
国際空港に到着した。

まずは入国審査

窓口で呼ばれる直前に、手元の入国カードに
ふと目をやると、裏面に記入し忘れている。
慌ててその場で全てNoにチェックを記入し、
窓口へと進んだ。

入国審査を無事通過し、スーツケースを受け
取ると、次は税関と検疫検査だ。

ニュージーランドは、動植物や人、環境に影響
を及ぼし得る害虫や病原体の侵入を防ぐため、
入国の際には検疫が義務付けられている。

簡単に通過出来るものと思いきや、
X線検査を通過したところで、スーツケースを
開けるように言われた。
しぶしぶ言われた通りにすると、係の人の
渋い顔

どうやら、トレッキングシューズに付いている
がまずいらしい。

さらにまずいことに、入国カードの裏面には
「その他の危険物」の説明に、ご丁寧に、
(・・・ハイキング用の靴・・・を含む)
とある。

ついさっき、持ち込んでいないという意味の
Noにチェック済だ。

虚偽の申告ということで、係の人から、
その場でNZ$200の罰金、
最高NZ$100000の罰金が
科せられる場合があるなどと長々と説教。

最後に、
「今日のところは勘弁してあげる」
という有難いお言葉に神妙に頷き、やっと
開放された。

ニュージーランドの入国審査は厳しい。
[PR]
by miphoant | 2009-10-26 17:04 | Travel | Trackback | Comments(8)

コンプライアンス

一人ひとりのコンプライアンス意識の
向上を促すために張ってあるポスター

「マイ コンプライアンス」

どうしても、

「マイコン プライスレス」

に見える今日この頃。
[PR]
by miphoant | 2009-10-02 22:55 | Others | Trackback | Comments(2)

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31