トマト鍋

昨年末、
Oさん邸で鍋パーティが開催された。

今回はトマト鍋



お肉

トマト鍋

赤い食べ物ばかりで、なんだか
めでたい。



d0077811_1450459.jpg

[PR]
by miphoant | 2010-12-31 19:24 | Gourmet

農家の台所

年末、
飲み会での暴飲暴食続きで、
お疲れ気味の胃袋を労わるために、
農家の台所へ行って来た。

ここに来ると、(私にとっては)
一週間分くらいの野菜を一度に
採ることが出来る。

今まで食べたこともないような、
珍しい野菜も食べられる。

お通じにお悩みの方には特に
お勧めだ。

画像は盛り放題、お替り自由の
サラダ。



d0077811_1544359.jpg

[PR]
by miphoant | 2010-12-31 17:02 | Gourmet

Christmas Party

クリスマスイブイブの12月23日、
ヨガ仲間と一緒にKさん宅にお邪魔
して来た。



d0077811_2116595.jpg


この日は、ポットラック形式の
クリスマスパーティ

お料理上手なKさんとみんなの豪華な
手料理をたらふくご馳走になった。

私が持参したのは、
照り焼きチキンと、
行きつけの東急ストアの餃子だ。

「餃子焼くの得意なんですよ」
とKさん宅のキッチンをお借りするも、
餃子バラバラ事件勃発

残りはKさんの旦那様が綺麗に
焼いて下さった。

Kさん、旦那様、みんな、
ありがとう、ご馳走様でした。



d0077811_0193954.jpg

[PR]
by miphoant | 2010-12-31 15:27 | Events

飲兵衛の会

先日、といっても、10日ほど前、
今年最後の飲兵衛の会が開催された。

ジムで知り合った仲間(女子限定)で
集まって飲もうというこの企画。

2009年の1月から始まり、大体隔月
のペースで彼是2年も続いている。
今となっては、
皆、引越しやら、忙しいやらで、ジムで
会うことは殆どなくなってしまったけれど、
こうやって、定期的に集まって
語り合えるのは、嬉しいことだ。

今回は二子玉川のSHUTTERSで開催。

どれもこれも美味しいけれど、



d0077811_16124011.jpg


特にスペアリブと、



d0077811_16105487.jpg


アップルパイアラモードが絶品。


d0077811_1611354.jpg


実は、この日私は、
昼間にもこのお店に来店して、
アップルパイアラモードを丸ごと1つ
平らげていた。

1日に何度も行きたくなるお店だ


[PR]
by miphoant | 2010-12-30 16:31 | Gourmet

恵比寿ガーデンプレイス

クリスマス前、
仕事で上京して来たHと一緒に、
恵比寿ガーデンプレイス
イルミネーションを見に行って来た。

ここに来るのは今年2回目だ。

前に来た時は、
カメラを持ち合わせていなかったため、
仕方なく携帯のカメラで撮影したけれど、
今回は、ばっちりカメラを持参。

前回、撮影出来なかった、
立派なクリスマスツリー




d0077811_14565523.jpg


バカラ社のシャンデリア
遠距離から。




d0077811_1442820.jpg


近距離から。



d0077811_1458128.jpg


ちょっと失礼して、柵を越えて、
下から見上げるように。



d0077811_14585385.jpg


ガラスに映るシャンデリアも。



d0077811_15105636.jpg


今度は恥ずかしからずに三脚
持っていこう。


[PR]
by miphoant | 2010-12-30 15:16 | Others

イギリス旅行15(バース)

この日最後の目的地は、
お風呂(Bath)の語源となっていることで
有名なバース(Bath)

まずは、今でも毎日125万リットルの
湯が湧き出す、
ローマ浴場跡(The Roman Baths)
が丸ごと展示してある
ローマンバス博物館へ。

入浴出来ないまでも、足湯くらいは出来る
だろうと期待に胸膨らませて入館。
ところが、
入浴、足湯どころか、お湯に触れることさえ
禁止されていた。残念。




d0077811_1125386.jpg



古代のお風呂を、写真に収めるだけ収め、
残った時間で博物館の周りを軽く散策。

博物館のすぐ隣には、
イギリス・ゴシック様式が美しい、
バース大聖堂(Bath Abbey)

エリザベス1世は、このバース大聖堂の
美しさを、
「イングランド西部の灯火」
を讃えたそうだ。

なるほど美しい。




d0077811_11262727.jpg



バース大聖堂の前では、ちょうど、
クリスマス飾りの市場が開かれていた。




d0077811_11332016.jpg


d0077811_1148288.jpg


私に、クリスマス飾りを飾るような
乙女な一面があれば、
食いつくところだけれど、
そんな一面があるはずもなく、
華やいだ雰囲気を写真に収めるだけに
留まった。


[PR]
by miphoant | 2010-12-30 11:48 | Travel

ウィンザー城(Windsor Castle)の次は、
ストーンヘンジ(Stonehenge)へ。

ストーンヘンジは、
高さ7mほどの巨石が馬蹄形に配置された
環状列石(ストーンサークル)だ。
考古学者によると、この遺跡は、
紀元前2500年から紀元前2000年の間に
立てられたと考えられ、その目的は、
太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、
ケルト民族の礼拝堂など、様々な説があり、
未だ結論は出ていないそうだ。

記録的な寒波で、
随分寒い思いをしたけれど、そのお陰で、
を冠る珍しいストーンヘンジの姿を
見ることが出来た。



d0077811_0392825.jpg


ストーンヘンジの姿は
見飽きているはずのガイドさんも、
やはり珍しいのか、
嬉しそうに雪景色の中に映える
ストーンヘンジの姿を写真に収めている。

不思議な巨石の群れ以外は、本当に
何もないところだ。



d0077811_0424192.jpg


この日は、
曇り空の中、ところどころ晴れ間が
見える不思議な天気で、

角度を変えると、
白い雪と青い空を背景に
ストーンヘンジの姿を捉えることが
出来た。




d0077811_0444080.jpg


ふと足下に目を落とすと、
雪の上に、
ストーンヘンジへと続く
誰かさんの足跡を発見。




d0077811_0593543.jpg

ストーンヘンジの大きさを
表現するために、
出来ればこの誰かさんと一緒に
ストーンヘンジを撮影したかったけれど、

残念ながら発見したのは足跡だけ
だった。


[PR]
by miphoant | 2010-12-30 01:13 | Travel

6日目は、ウィンザー城(Windsor Castle)、
ストーンヘンジ(Stonehenge)、
バース(Bath)を巡るツアーに参加。

朝8時、ヴィクトリア駅の、
ヴィクトリアコーチステーションに集合。
今度こそ、大型バスでの団体旅行だ。

9時に出発し、
まずはウィンザー城へ。




d0077811_2153154.jpg

ウィンザー城は、
エリザベス女王が週末を過ごす
お気に入りのお城だそうだ。

私たちが訪れたのは、
平日だったため、残念ながら、
女王にばったり出会うことは
なかった。(当たり前)




d0077811_21183718.jpg

こちらが
ラウンド・タワー(Round Tower)
日本のお城で言うところの、
本丸にある天守閣だ。




d0077811_2015444.jpg

お城の内部を見学した後、
ステート・アパートメント
(State Apartments)

の前で写真を撮っていると、
中から衛兵が出てきた。




d0077811_20463732.jpg

何処へ向かっているのかも知らず、
暢気に連写していたら、もろこっちへ
向かって来る。
撮影を止めるタイミングを失った私は、
衛兵とにらめっこ状態になるまで
シャッターを切り続けた。
進路の邪魔をしてごめんなさい。




d0077811_20505385.jpg

こちらは
セント・ジョージ・チャペル
(St. George's Chapel)

後ろに下がって、全体像を撮ることも
諦め、とにかく切り取り撮影。
やっぱり広角が必要だ。




d0077811_215155.jpg

最後に警備中の衛兵と一緒に
(勝手に)記念撮影。
まったく微動だにしないので、
最初は人形かと疑ったくらいだ。
寒い中お勤めご苦労様です。


[PR]
by miphoant | 2010-12-29 21:33 | Travel

イギリスのコッツウォルズ地方観光で
最後に行き着いたのは、
観光スポットとして一番人気だという
ボートン オン ザ ウォーター
(Bourton On The Water)


街の中心をウィンドラッシュ川が流れて
おり、その景観が美しいことから、
コッツウォルズのベニス
とも呼ばれるらしい。



d0077811_11444797.jpg

いつものことなら、観光客で溢れ返って
いるそうだけれど、私たちが訪れた時は
人っ子5人くらいしか見かけなかった。

観光客より鳥の数の方が多かったかも
しれない。



d0077811_11452098.jpg

ここでついに寒さに挫け、お店に入って
最後の自由時間30分ほどを過ごした。

なんだか負けた気がしたけれど、
お土産を購入出来たので良しとしよう。






d0077811_124142.jpg

[PR]
by miphoant | 2010-12-23 12:09 | Travel

コッツウォルズ地方で
訪れた3つ目の村は、
ストウ オン ザ ウォルド
(Stow on the Wold)


ここには、古い町並みや、



d0077811_233897.jpg


罪人の見せしめのために
使用されたという、
500年モノのさらし台(Stocks)や、




d0077811_2333924.jpg


イギリスで最古(創業947年)の
ロイヤリストホテル
(Royalist Hotel)
があり、
見所満載だった。



d0077811_2342665.jpg


でも、やっぱりここも
ご多分に漏れず寒かった。

一度お店に入ると、気持ちが折れて
二度と出て来られない気がしたので、
必死のパッチで寒さを
堪えて街歩き。




d0077811_2353171.jpg


ここまで来ると、
もう何かの我慢大会
のようだ。


[PR]
by miphoant | 2010-12-20 23:37 | Travel

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと