こどもの国2(梅の花)

というけれど、
梅の花も奥ゆかしい感じがして
私は好きだ。

が詰まっていて楽しめないし。




d0077811_1425614.jpg


d0077811_14253528.jpg


d0077811_14262919.jpg


d0077811_14291824.jpg


d0077811_14295373.jpg


d0077811_14301928.jpg


d0077811_14305746.jpg


d0077811_14314167.jpg


d0077811_143358.jpg

[PR]
by miphoant | 2011-02-27 14:45 | Flower

こどもの国1(梅林)

天気が良いので、
こどもの国へを愛でに行って来た。

こどもの国だけに、
こどもと、
いてもその同伴のおとなばかり。

ただ、梅祭り開催中につき、
梅林には年配の方がちらほら。

カメラ好きの年配の方達と、
美しい梅の花の咲くを譲り合い
ながら、ゆったりと鑑賞。

好きなものに夢中になれる人は、
何歳になっても、おとなこどもだ。




d0077811_13213513.jpg


d0077811_1323492.jpg


d0077811_13313920.jpg


d0077811_13321038.jpg


d0077811_14152430.jpg


d0077811_14271512.jpg

[PR]
by miphoant | 2011-02-27 14:22 | Flower

雪かきの後、いそいそと朝食を食べ、
他のどの宿泊客よりも早く宿を後にした。

向かった先は、
再び白馬八方尾根スキー場

この日は晴天
けれど、風が強く、山頂近くまで登ると、
風で巻き上げられた雪煙に遮られ、
5m先も見えないくらいだ。


d0077811_16364031.jpg


そんなことはある訳がないと思っていたけれど、
初めて、ゲレンデで遭難、という考えが頭を
過った。
といっても、しばらく待てば、風ははたと止み、
視界も良好になる。
Hは新雪好きのため、こういう気候の時にこそ
滑りに来ることが多い。そのせいか、
怯える私をよそに、いたく落ち着いていて、
ともすれば風が止むタイミングも読めそうな
勢いだった。
ナウシカか。

途中、強風でリフトやゴンドラが運休に
なったりもしたけれど、午前中いっぱい、
気持ち良く滑ることが出来た。
滑り終わったらグロッキー状態だったけれど。

あまりに楽しく、あまりに過酷な合宿だった
からか、今でもあの山を滑る夢を見る。


d0077811_16344877.jpg

[PR]
by miphoant | 2011-02-26 16:43 | Sports

ガストから出ると、食事をしていた
1~2時間の間に、随分と大量の雪が
車の上に積もっていた。

この時の積雪量は、5cm/時間
この調子で朝まで降り続けるという予報
だった。

帰り道、降りかかる雪で、すぐ先も
見えない中、運転を続けながら、
Hは嬉しそうに、
明日朝食前雪かきをしようと言う。

Hは新雪大好物なのだ。

宿に到着すると、次の日の積雪に備え、
車を停める前に何度か切り返して、
足慣らしをし、
雪かき道具を車から降ろし、
オーナーに除雪車が来る時間を確認、
という備えようだ。

男前過ぎる。

次の日、予告通り、いつもより早く起床し、
朝食前に雪かきへ出た。

新雪で覆われたゲレンデを滑ることが
出来るなら、雪かきなんて、本当に
朝飯前だ。

d0077811_2157870.jpg

[PR]
by miphoant | 2011-02-20 22:13 | Sports

2日目の夕食は、
白馬飯店で取ることにした。

17時30分開店なのに、
やる気満々過ぎて、
17時に到着してしまった。

30分の待ち時間の間に、買い出しに
向かおうとするも、激しい渋滞に巻き込まれ、
思うように進まないため、諦めて
白馬飯店の前で待機することに。

ところが、
17時30分になって、いざお店に入ると、
この日は予約で一杯だと断られてしまった。
30分前から待機していたのに。

仕方なく、第二候補として上がっていた
蕎麦酒房 膳へ向かった。
こうなったら、
お蕎麦やさんで一番脂っこいもの
(たぶん天麩羅そば)を頼んでやると、
訳の分からない意気込みで
お店に乗り込むと、なんと、ここでも
予約で一杯だと断られてしまった。

この時点で、白馬中のお店が全て
予約で埋まっているのでは
ないかという妄想に取り憑かれて
しまった私たちは、他のお店を当たって
断れた場合に受けるであろう相当な
ダメージを想像し、
もう傷つくのは嫌とばかりに、
一番の安全牌だと思われるガスト
選択することにした。

ガストに到着すると、
数組の待ちはあったものの、予約で
一杯だと断れることもなく(当たり前)、
しばらく車の中で待機した後、
席につくことが出来た。

豊富なメニューの中から、悩みに悩み、
骨付き鶏のとろとろ煮込みスープ鍋参鶏湯風と
特製本格辛口チゲ(半玉うどん入り)
季節のたっぷり温野菜サラダ
プレミアムカフェ(ドリンクバー)
を注文。

若干、
白馬飯店を引きずっている感はある。

注文した後も、しつこくメニューに食いつき、
あれもこれも美味しそうだとはしゃぐ私たち。
よっぽど食事にありつけたのが
嬉しかったらしい。
もちろん、
サーブされたお料理はどれもこれも
美味しかった。

ガスト、ありがとう。
このご恩は一生忘れません。


[PR]
by miphoant | 2011-02-20 20:59 | Sports

2日目は、場所を変えて滑ろうということで、
白馬五竜&Hakuba47へ行って来た。
2つのスキー場が合体していて、両方を
行き来出来るようになっている。

八方に比べると、断然ボーダーの数が多く、
当然コブ斜面も少ない。
そういう意味では滑りやすいが、何しろ
人が多いのでストレスだ。

この日は、
Hakuba47側から入り、
まずはゴンドラ、リフトを乗り継いで、
南沢の頭へ。

そこから、途中で合流しているだろうと信じ、
Hはアドベンチャーコース(最上級)
私はルート1(中級)と、別の道を選んだ。

私が最上級コースを滑ったら、
アドベンチャーではなく、
サバイバルになってしまいそう
だったからだ。

ところが、アドベンチャーコースは
五竜へ続くコース、
ルート1は47のゴンドラステーションまで
下山するコースで、
途中で合流出来る訳もなく、結果、
しょっぱなから別行動になってしまった。

その後、携帯で連絡を取りつつ、お昼前に
やっと合流。



d0077811_114019.jpg



午後から一緒に五竜を滑り、
気付いたら、結局朝の10時から16時まで
滑っていた。

終盤は、疲労の余り、
「どうやって48(フォーティーエイト)に戻ろう」
などと微妙な間違いを犯しつつ、
47(フォーティーセブン)へ戻って来た。

前日目一杯滑ったから、2日目は早めに
上がろうと話していたのに、本当にHはだ。



d0077811_1145568.jpg




上がり際に、
一日中ウィスキーを飲み続け、
その日一本も滑っていないというおじさんに
遭遇。
「こんな日が1日くらいあってもいいだろう」
と言っていたけれど、
真っ黒なお顔は、スキー焼け
それとも酒焼け


[PR]
by miphoant | 2011-02-20 11:12 | Sports

今回は、
Hの定宿であるアルピーヌ
満室だったため、
おもちゃ箱という宿に
お世話になった。

到着したその時に、宿のオーナーから、
お風呂は家族風呂として使用して下さい
との説明があった。

要は、家族(グループ)ごとにお風呂に入り、
入っている間は、「入っています」という
札を掛けておくということらしい。

宿には7部屋ほどしかないし、
お風呂も2つあって、
一方は22時、もう一方は23時まで
利用可能ということで、完全に油断していた。

食事から戻って、少し部屋で寛いだ後、
21時過ぎに、お風呂に向かうと、
2つとも「入っています」の札。

仕方なく部屋に戻って、眠気を堪えつつ、
テレビを見ていると、廊下で物音。
誰かお風呂から上がってきたのかと、
またお風呂に向かうと、まだ2つとも
「入っています」

これを繰り返すこと5回/時間。
いずれも空振り。

せめてお風呂上りにすぐに眠れるよう、
歯磨きだけでも済ませておこうと、
廊下の洗面所で歯磨きをしているところに、
肩から手ぬぐいをかけ、
さっぱりした風
お風呂上りと見られる男性が、
階下から階段を上がってきた。

今度こそはと、歯ブラシを咥えたまま、
階下へダッシュすると、両方とも
「入ってます」の札。

肩から手ぬぐいかけるなんて
紛らわしすぎると、罪もない男性に悪態
つきつつ、今日は入浴出来ないかもしれない
絶望的な気分で歯磨きを続けていると、
しばらくして、今度は間違いなく、
お風呂上りの女性が階段を上がって来た。

ここで漸く念願の入浴叶う。

お風呂のありがたさが心身ともに染みた
夜だった。


d0077811_1944557.jpg

[PR]
by miphoant | 2011-02-19 19:53 | Sports

目一杯滑った後は、一度宿にチェックイン。

その後、
Hお勧めのグリンデルという定食屋さんへ。

3連休効果もあって、既に7組ほどの待ち
行列だった。
1時間ほど待って、やっと入店することが
出来た。

豊富なメニューの中から、悩みに悩んで、
カキフライ定食を選択したところ、
別のテーブルから、
「このお店はベーコンステーキが絶品」
との天の声が聞こえてきたため、あっさり、
ベーコンステーキ定食に乗り換え。

現れたのは、今まで食べたこともない、
物凄い厚みのベーコンステーキだった。
にして眠れそうだ。

見た目も、スモークの香りまでも美味しい。
もちろん味も絶品。




d0077811_1639455.jpg

[PR]
by miphoant | 2011-02-19 16:49 | Sports


先日の三連休、Hと一緒に、
白馬へスノーボード旅行に行って来た。

Hは大阪から車で白馬入り。
私は東京から新幹線とバスで白馬入り。
いつもの如く、現地集合、現地解散だ。

女の子なのに、
夜中に大阪を出発し、一人車で白馬まで
運転してやって来るH。
うっかり惚れてしまいそうなくらい男前だ。

私はと言うと、板と荷物を事前に配送し、
リュック1つでお昼前にノコノコ現れると
いう軟弱ぶり

そんな私のせいで、この日は午後から
滑ることになってしまった。
腹ペコだったので、まずはチキンナチョス
で腹ごしらえ。



d0077811_21294731.jpg




もたれる胃をさすりつつ、お昼ちょうどに
ゲレンデへ向かった。
この日滑ったのは、Hのホームである
白馬八方尾根スキー場

スキーヤーが7割を占めるゲレンデという
ことで、行く前から若干胸騒ぎがあった。

けれど、心優しいHが、私のために、
きっと滑りやすいコースを選んでくれる
だろうという期待もあり、
ノコノコと付いて行ったのだ。

案の定、胸騒ぎは的中。
最初に連れて行かれたのは、
兎平という名物コブ斜面だった。
雪面ボッコボコ

そこからHのしごきが始まった。

この日、半日券で滑ったにも関わらず、
乗ったリフト14本
休憩1回を除き、滑り続けること5時間

一応、コブ斜面の場合は、心優しいHが、
滑りやすい箇所を教えてくれるものの、
普段コブ斜面になんて滅多に足を
踏み入れることのない私にとっては、
どこをとっても武者修行に等しい。

半日で足がガックガク

参りました。



d0077811_21314886.jpg





-------------------------------------

以下この日乗ったリフトの一覧。

滑走したコースを、後日確認して楽しむ
という特異な趣味を持つ私のために、
心優しいHがリストを
送付してくれた。

①八方尾根ゴンドラリフトアダム
②アルペンクワッド
③アルペンクワッド
④スカイライン第2ペア
⑤黒菱第2クワッド
⑥八方リーゼンクワッド
⑦国際第1ペア
⑧白樺第1ペア
⑨セントラルペア
⑩国際第3ペア
⑪咲花第2ペア
⑫咲花北尾根クワッド
⑬スカイライン第2ペア
⑭黒菱第2クワッド

-------------------------------------


[PR]
by miphoant | 2011-02-16 21:45 | Sports

OB会

先週の火曜日、
高校のOB会に参加するため、
仕事を終えた後、急いで会場の
ライブハウスに向かった。

どう頑張っても19時開始には
間に合わなさそうだ。

念のため、
一緒に参加する同級生宛てに、
「19時半に到着予定」
一斉送信しておいた。

予告通り、19時半にお店に着くと、
何か様子がおかしい。

貸切だと聞いていたのに、
お店は通常営業の様子。
しかも普通にライブも行われている。

時間を間違えたのかと思いつつ、
受付に行くと、

どのアーティストのチケットを
ご購入ですかと確認された。

どのアーティストも何も、
ライブを見に来た訳じゃないんですが
と心の中で呟きながら、

今日は貸切ではないのですかと問うと、

怪訝な顔で、
今日は通常営業ですとの答え。

仕方なく、OB会の名前を出し、
これこれこういう会が開催されると
聞いて来たんです食い下がると、

気の毒そうな顔で、
それは来週ですと告げられた。

あいやー。

ご丁寧にも、さっき同級生に
到着予告メールを送ってしまった。
どうりで誰からも返信がないはずだ。

怪訝に思っているだろうから、
一週間間違えて来てしまったことを、
一斉送信。

そして皆からの揶揄メール一斉受信。

明日出直します。


[PR]
by miphoant | 2011-02-07 21:42 | Others

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28