「ほっ」と。キャンペーン

棚田の夜祭り2(夕暮れ後)

そして訪れた夕暮れの時間。

夕焼けで赤く染まる空や、
夜空に光る一番星を見ることは
出来なかったけれど、

藍色の空と優しく灯る橙色のあかり
だけで、うっとりするほど美しい。


ここに来ることが出来て、
そして三脚を立てる場所が確保出来て、
本当に良かった。


d0077811_20520945.jpg



d0077811_20510515.jpg



d0077811_20511179.jpg



d0077811_20511947.jpg



d0077811_20514520.jpg



d0077811_20515228.jpg




[PR]
by miphoant | 2015-10-29 21:35 | Others | Trackback | Comments(2)

棚田の夜祭り1(夕暮れ前)

先週の土曜日、
大山千枚田の棚田の夜祭りに行って来た。

日本の棚田百選にも選ばれている、
大山千枚田を、
3千本の松明と1万本のLEDで
ライトアップするイベントだ。
3年越しの願いが叶って、漸く初参戦。

棚田の夜祭りが開催される3日間は、
15時から大山千枚田周辺で交通規制が
実施され、車両進入禁止となる。

そのため、
鴨川市総合運動施設の臨時駐車場に
車を停め、そこからシャトルバスに
乗って、棚田まで移動した。

シャトルバスから棚田までは約20分。
シャトルバスの窓の外に、
棚田が1枚、2枚、、徐々に見え始め、
「1枚田、2枚田、、」と唱えながら、
眺めていると、
ますます気持ちが高まって来る。

到着すると、見晴らしの良い場所は、
多くの三脚で占拠されていた。
けれど、なんとかその合間を縫って、
三脚を立てることに成功。

あとは日が暮れるのをゆるりと待つだけ。

と言いつつも、そわそわと、
ああでもない、こうでもないと、
夕暮れ前の棚田を撮り続けた。


緑の棚田も美しい。
次は昼間に来ることを心に誓つつ待機。

d0077811_21042216.jpg



d0077811_20575444.jpg



d0077811_20581127.jpg



d0077811_21195984.jpg



d0077811_19415386.jpg

[PR]
by miphoant | 2015-10-28 22:14 | Others | Trackback | Comments(0)

3年目の正直

d0077811_18095511.jpg



3年前から、
ガーデニングの師匠の勧めで、
ベランダでの安納芋栽培に
チャレンジしている。

1年目。

横着して
家に余っていた観葉植物用の土に、
安納芋の苗をピットイン。

モリモリ育つ葉っぱを見て、
期待に胸膨らませていたけれど、
掘り返してみると、
そこにあったのは、根っこだけ。

師匠によると、
観葉植物用の土には
葉や茎を育てる窒素が多く
含まれているけれど、
芋のように地下茎を育てる場合は、
逆に窒素は低め、
リン酸や加里が高めの土が
適しているそう。

どうりでモリモリ葉っぱだけが
育つはずだ。葉っぱだけ。


2年目。
今度は芋用の土に、
安納芋の苗をピットイン。
今度は大丈夫だろうと思っていたら、
「切り離し」で大失敗。

正しくは、
「伸びた蔓を土に寝かすように埋め、
埋めた蔓が定着したら、株元から切り離す」
のだけれど、
何を思ったか、
「伸びた蔓を土に寝かすように埋め、
埋めたその直後に、株元から切り離す」
という痛恨のミスを犯してしまった。

もちろん切り離された蔓は無惨にも枯れ、
株元からまた蔓が再生してくれたものの、
収穫出来たのは、ごぼうのような安納芋。

そして3年めの今年。
これまでの失敗を糧に、
土選び、切り離しを行い、
水遣りも怠らず励んだところ、
ようやく芋らしい安納芋が収穫出来た。


d0077811_20104433.jpg



大きさはこのくらい。
小振りだけれど、私的には上出来だ。

3年の試行錯誤が実ったと思うと、
もったいなくて、食べられなさそうだ。

[PR]
by miphoant | 2015-10-26 20:25 | Gardening | Trackback | Comments(0)

ダリア園9(心変わり)

深紅の花びらの中に、白い花びら。

咲いている途中で心変わりをしたのだろうか。


d0077811_20275622.jpg




d0077811_20280160.jpg



移り気な花と捉えると、
妖艶に見えるけれど、
白い舌であっかんべえをしている姿と捉えると、
コミカルに見えるから不思議だ。

[PR]
by miphoant | 2015-10-20 20:59 | Flower | Trackback | Comments(2)

ダリア園8(秘密の花園)

そんなに知名度がないのか、
ダリアの人気がないのか、
ここを訪れる人はそれほど多くない。

教えたいけど、教えたくない。

私にとっては、秘密の花園だ。


d0077811_09120302.jpg



d0077811_20394878.jpg

[PR]
by miphoant | 2015-10-18 09:32 | Flower | Trackback | Comments(2)

ダリア園7(全景)

園内の全景はこんな感じ。

噴水やちょっとした東屋、
ベンチなどがあり、
休み休み観賞することが出来る。

お茶を飲んで一休みしたり、
お弁当を食べたりしている人もちらほら。

私はそれを横目にレンズ交換。

来年はお弁当持参で行こうかな。


d0077811_11120294.jpg



d0077811_11115080.jpg



d0077811_11114576.jpg



d0077811_11113851.jpg



d0077811_11113137.jpg



d0077811_11115627.jpg




[PR]
by miphoant | 2015-10-17 11:42 | Flower | Trackback | Comments(0)

ダリア園6(後ろ姿)

d0077811_21410864.jpg



美しい人は後ろ姿も美しいように、

美しい花は後ろ姿も美しい。


[PR]
by miphoant | 2015-10-16 21:45 | Flower | Trackback | Comments(0)

ダリア園5(お花畑)

大振りのダリアも、
「これぞダリア」という
感じがして良いけれど、

小振りのダリアも愛おしい。


d0077811_22004347.jpg



d0077811_22005051.jpg



d0077811_22005670.jpg



d0077811_22003556.jpg



d0077811_22010712.jpg



d0077811_22010117.jpg



d0077811_21342292.jpg



d0077811_08142109.jpg



小振りながら、
八重咲きや万重咲きで
花びらが幾重にも
重なっている姿は
健気な感じがする。

そんなダリアが
色んな色を纏って
咲き誇っている景色は、
まさに「お花畑」。


思わずスキップしたくなる。

[PR]
by miphoant | 2015-10-15 22:24 | Flower | Trackback | Comments(0)

ダリア園4(背中合わせ)

あっちを向いたり、
こっちを向いたり。


まるで鏡に写したかのように、
背中合わせ。


d0077811_21144841.jpg



d0077811_21145380.jpg



西部劇の、
「背中合わせに立ち、
数歩歩いて振り向きざまに撃ち合う」
シーンを彷彿とさせる。


[PR]
by miphoant | 2015-10-14 20:54 | Flower | Trackback | Comments(0)

ひそひそ話しをしているように
寄り添う二輪のダリア。

d0077811_14433422.jpg



d0077811_20392778.jpg




寄りで撮ると、
内緒話が聞こえてきそうだ。

[PR]
by miphoant | 2015-10-13 20:58 | Flower | Trackback | Comments(0)

MIPHOアンテナがキャッチしたいろいろなこと